GG賞で観客を感動させたオプラ・ウィンフリー、2020年大統領選へ?

最新ニュース

オプラ・ウィンフリー-(C)Getty Images
  • オプラ・ウィンフリー-(C)Getty Images
  • オプラ・ウィンフリー-(C)Getty Images
  • オプラ・ウィンフリー-(C)Getty Images
7日(現地時間)、ゴールデングローブ賞でオプラ・ウィンフリーが黒人女性として初めて長年の映画界への貢献を称えた「セシル・B・デミル賞」を受賞した。人種差別や性差別の終結を求める感動的なスピーチで3回のスタンディングオベーションを受けるほど聴衆の心を揺さぶった。

アメリカで司会者や実業家として有名なオプラは、以前から2020年の大統領選に出馬するのではないかとささやかれていた。ゴールデングローブ賞授賞式での人々の胸を打つ力強いスピーチにより、「オプラを大統領に!」という国民の声もSNSなどで高まってきた。昨年、「セシル・B・デミル賞」を受賞した女優メリル・ストリープも、授賞式後に「彼女は今夜、ロケットを打ち上げたわね。ぜひ大統領選に立候補してほしいわ。いままで、“出る”という宣言はしたことがなかったと思うけど、これでもう“NO”の選択肢はないんじゃないかしら?」とオプラの背中を押した。

「The Los Angeles Times」紙によれば、オプラの長年のパートナー、ステッドマン・グラハムがオプラの出馬は「国民次第だね」とコメントしていることがわかった。「彼女は絶対にやると思うよ」とも。

前回の大統領選ではヒラリー・クリントン氏が期待されていた「アメリカ史上初の女性大統領」になることはできなかったが、果たしてオプラは…?
《Hiromi Kaku》

関連ニュース

特集

page top