水原希子×長島有里枝、表現の可能性を語り合う!「SWITCHインタビュー」

最新ニュース

水原希子×長島有里枝「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」
  • 水原希子×長島有里枝「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」
  • 水原希子「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」
  • 長島有里枝「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」
  • 水原希子×長島有里枝「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」
1月13日(土)今夜放送の「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」はモデルで女優の水原希子と写真家の長島有里枝によるクロストークをお届け。“撮られる側”である水原さんと“撮る側”である長島さんが語り合うなかで“共鳴”したこととは!?

本番組は異なる分野で活躍する2人の“達人”が番組の前半と後半でゲストとインタビュアーが“スイッチ”、各々の「仕事の極意」を語り合うことで“発見”し合うクロスインタビュー番組。

ミスセブンティーンに選ばれ「セブンティーン」誌でのモデル活動から女優へと活躍の場を広げ、『ノルウェイの森』や『ヘルタースケルター』などで注目されると、その後「失恋ショコラティエ」や「信長協奏曲」、そして2015年公開の『進撃の巨人』などでその評価を高めた水原さん。モデル、女優としてだけでなく400万人を超えるフォロワーをもつ“インスタグラムのカリスマ”としても知られ、その発信力、発言が大きな話題となることも少なくない日本のインフルエンサーの1人だ。

水原希子「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」
一方の長島さんは1973年、東京都生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業後、文化庁新進芸術家在外研修員としてアメリカに留学し、2000年には第26回木村伊兵衛写真賞を受賞。写真だけでなく文筆にもそのクリエリティブの幅を広げ2010年には「背中の記憶」で第23回三島由紀夫賞候補、第26回講談社エッセイ賞を受賞。作品を通して家族や女性のあり方について問い続けている。

長島有里枝「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」
10代のころからモデルとして活躍、自分らしさをいかに出すか模索してきたという水原さんは、多くのフォロワーがいるインスタグラムでも、ときに誤解を受けることもありながら、リアルな自分を伝えようと発信を続けている。そんな水原さんにとって自分、家族、仲間と身近な存在を題材にイメージやフィクションに縛られない姿を写し取ろうとする長島さんは刺激的な存在だといい、被写体とフェアな関係でありたいという長島さんの発言に“共鳴”する。

水原希子×長島有里枝「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」
被写体とフォトグラファーという関係性の2人が偽りのない表現の可能性について語り合うなかで見えてくるものとは。

「SWITCHインタビュー 達人達(たち)」は1月13日(土)22時~NHK Eテレで放送。
《笠緒》

関連ニュース

特集

page top