瀬戸康史、2018年の“台風の目”になるか!? 月9「海月姫」で話題騒然!

最新ニュース

1月15日から放送がスタートした月9ドラマ「海月姫」。本作で鯉淵蔵之介を演じている瀬戸康史の“女装美男子”ぶりが、放送直後から「期待以上」「可愛いすぎ」と大きな話題に。2018年の“台風の目”になりそうな瀬戸さんの魅力とは!?

■月9ドラマ「海月姫」で披露した美貌で注目度急上昇!


「海月姫」はクラゲを愛しすぎた筋金入りの“クラゲオタク女子”倉下月海が、ある日、鯉淵蔵之介に出会い、それをきっかけに新しい自分、新しい生き方を見つけていく物語。月海には芳根京子、蔵之介を瀬戸さんが演じ、工藤阿須加、木南晴夏、松井玲奈、内田理央、富山えり子、最上もがらが共演する。

これまでTVアニメと実写映画で映像化されてきた本作だが、今回のドラマでも注目されたのが蔵之介を誰が演じるのかという点だった。今回蔵之介を演じた瀬戸さんの演技には「男性とは思えない」「めっちゃ綺麗」と絶賛の声が多く、瀬戸さんの起用は大成功だった模様。その“美貌”で多くの視聴者に衝撃を与えた瀬戸さんとは一体どんな俳優なのだろうか?

蔵子「海月姫」瀬戸康史扮する鯉淵蔵之介「海月姫」-(C)フジテレビ

■若手俳優の登竜門「仮面ライダー」シリーズで主演に抜擢!


瀬戸さんは福岡県出身の1988年生まれで現在29歳。2008年にテレビ朝日「仮面ライダーキバ」で主演に抜擢され、以後、2011年公開の映画『ランウェイ☆ビート』でファッションデザイナーの卵で天才的なセンスを持つ高校生役、2014年の『僕は友達が少ない』でもタイトル通り“友だちの少ない”高校生役を演じるなど、“オトメン”とも呼ばれるキュートなルックスで若手俳優ファンの間で人気を獲得。

『僕は友達が少ない』 -(C) 2014映画「僕は友達が少ない」製作委員会『僕は友達が少ない』 -(C) 2014映画「僕は友達が少ない」製作委員会
2015年になるとNHK大河ドラマ「花燃ゆ」に出演、同年には柳楽優弥とW主演した映画『合葬』が第39回モントリオール世界映画祭に出品。翌年には連続テレビ小説「あさが来た」への出演で広い世代に認知されることに。2016年には「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」「HOPE~期待ゼロの新入社員~」と連続でドラマ出演、昨年は行定勲監督の『ナラタージュ』に石川淳一監督作『ミックス。』と俳優としての幅を広げ、ついに本作で月9初出演を果たした。

『合葬』 -(C) 2015 杉浦日向子・MS.HS/「合葬」製作委員会『合葬』 -(C) 2015 杉浦日向子・MS.HS/「合葬」製作委員会

■その“美しさ”はどこから…?


29歳にして蔵之介を演じるだけあって圧倒的な“美しさ”を誇る瀬戸さんだが、『ランウェイ☆ビート』公開時本誌のインタビューに「僕、群れるのって好きじゃないんです。どちらかと言うと、一匹狼的なタイプ」と答え、『僕は友達が少ない』の完成披露試写会では人気ラノベの実写化に対し「いろんな意見があると思う」としながら「人間が演じることで、伝わることもあるはず」と俳優としての強い矜持も見せるなど、内面の“芯の強さ”から醸し出される美しさでもあると思える。

それは政治家である父親に反発し、社会から暗黙のうちに求められる男性としての装いや振る舞いに対して自らの意思を貫こうとする蔵之介の内面ともオーバーラップするもので、本作で瀬戸さんが蔵之介役に起用されたのも納得ではないだろうか。

瀬戸康史瀬戸康史
同世代には瀬戸さん同様にキュートなルックスで人気の千葉雄大をはじめ、東出昌大、三浦翔平、窪田正孝、松坂桃李と人気俳優がひしめいている。俳優“黄金世代”ともいえる1988年世代に今年また新たなスターが誕生しそうだ。

「海月姫」は毎週月曜21時よりフジテレビ系にて放送中。
《笠緒》

編集部おすすめの記事

特集

page top