イタリア発の痛快風刺コメディ『いつだってやめられる』日本公開決定

映画

昨年、「イタリア映画祭」で上映され大好評を博した『Smetto quando voglio-Masterclass』(原題)が、『いつだってやめられる 10人の怒(イカ)れる教授たち』の邦題で5月26日(土)より公開されることが決定。予告編とポスタービジュアルも到着した。

大学を追われた神経生物学者のピエトロ・ズィンニ(エドアルド・レオ)は、仲間と合法ドラッグ製造でひと儲けを企むも逮捕され服役していた。世間では新しいドラッグが蔓延し、摘発に手を焼いていたパオラ・コレッティ警部(グレタ・スカラノ)は、犯罪履歴の帳消しと引き換えに彼に捜査の協力を持ちかける。かくしてピエトロは国内外ばらばらになった研究者仲間を再び結集し、事件解決のため奔走するが――。

2009年にギリシャで始まった欧州危機はイタリアにも拡大、ユーロ圏の深刻な不況はローマの大学研究者たちにも影響を及ぼし解雇者が続出…。本作は、そうした学究の道を断たれ社会から弾き出された研究者たちが、その頭脳を使って社会を欺き、鬱屈した日常をぶっ飛ばすイタリア発の痛快な風刺コメディ。前日譚である『いつだってやめられる 7人の危(アブ)ない教授たち』(<Viva!イタリア Vol.4>6/23より上映)は、理系学者が高純度の合法ドラッグを製造しひと儲けを企む素人犯罪集団を組織する軽妙なストーリーで、イタリア版『オーシャンズ』シリーズや「ブレイキング・バッド」との呼び声高く、スマッシュヒットを記録した。

主人公の神経生物学者ピエトロ・ズィンニを、日本での大ヒットも記憶に新しい『おとなの事情』のエドアルド・レオが演じるほか、イタリア映画界を代表する名匠M.ベロッキオ、P.ヴィルズィからも厚い信頼を得てきたルイジ・ロ・カーショや、ステファノ・フレージ、グレタ・スカラノ、ヴァレリア・ソラリーノらが出演。監督はシドニー・シビリアが務めている。

到着した予告編では、神経生物学者ピエトロがパオラ・コレッティ警部と取引きする場面や、個性的な10人のインテリ教授たちが映し出されるほか、エドアルドとルイジが列車上で繰り広げるスタントなしの格闘シーンなども収められている。


『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』は5月26日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

編集部おすすめの記事

特集

page top