15th ANNIVERSARY

15周年スペシャル企画「恋と映画」エピソード発表!

『ビフォア・サンライズ』が好きです。素敵だけど、あれは映画。そう思っていましたが、初めての一人旅で、たまたま道をおしえた男性と意気投合し、そのまま一緒に観光、その後彼氏になりました。この前『ビフォア・サンライズ』を一緒に観て、「こういうの素敵だよね~」と言うと「同じようなものじゃない?」と主人に言われました。あの映画では結婚はしないけど、こんな出逢いもあるんだな、ともっと好きになりました。28歳・女性

映画『タイヨウの唄』を当時付き合っていた彼と見て、ロケ地になった湘南へデートをすることに。江ノ電の通る踏切で、映画にあった踏切での告白シーンを再現してくれたのか、いきなり「好きだよ」と言われました。映画と同じように、胸が暖かくなりました。21歳・女性

私の人生初デートは映画でした。中学3年生の時、始めてのデートにとにかく緊張してしゃべらなくても大丈夫だからという理由で映画を見ました。その時見た映画は『ラストサムライ』です。人を殺すシーンなどが私は苦手だったので、嫌いなシーンはその時の彼氏がギュッと手を握ってくれていた事を思い出します。22歳・女性

今のように指定席券が普通ではなかった頃。クリスマスに一緒に見ようと『34丁目の奇蹟』の前売り券を購入していたのですが、実際にクリスマス当日はすごい混雑で見るのを断念。お正月になってから、混雑がかなり緩和したものの、季節外れの映画を見ることになってしまいました。ロマンチックではありませんが、今ではいい思い出です。41歳・女性

初めてつきあった彼と初めてのデートでラブアクチュアリーを見に行きました。彼はあまりラブストーリーを観ないようなのですが、結構楽しめたようです! 初デートは大成功しました。ちなみに、今でもつき合っています!28歳・女性

今の旦那さんとの初デートが映画『スクール・オブ・ロック』でした(笑)。おかげで映画後も話がはずみました。ジャック・ブラックに感謝!34歳・女性

『レ・ミゼラブル』公開記念スペシャル・イベントに読者をご招待しました

全世界で興行収入記録を更新中のミュージカル「レ・ミゼラブル」が待望の映画化! 「恋と映画」エピソード募集にご応募いただいた読者の方の中から抽選で10名様を、11月28日(水)、来日キャストを迎えて行われた日本公開記念スペシャル・イベントにご招待しました。/p>

『007 スカイフォール』

当日はヒュー・ジャックマン、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライドらが観客2,500人に向けて大規模な公開会見を実施したほか、日本版舞台キャストが総勢約60名集結し、圧巻の歌唱を披露。イベントの最後には来日ゲストに対して、会場のお客さん全員が映画のメイン曲のひとつでもある「民衆の歌」を大合唱し、会場の熱気は最高潮に! ますます映画の公開が待ち遠しくなる、大感動に包まれました。
イベントの詳しいレポートはこちら »

『レ・ミゼラブル』

これまでに世界43か国で上演され、世界最長のロングラン記録を誇るミュージカル界の金字塔、「レ・ミゼラブル」が、舞台からスクリーンへー―。物語の舞台は民衆が自由を求めて立ち上がろうとしていた19世紀フランス。自分を偽る生き方を強いられながらも、人としての正しい道を模索する主人公・バルジャンの波乱万丈の人生を中心に、時代の激動、様々な形で表される「真実の愛」に観る者は心揺さぶられずにはいられません。

ジャンを演じるのは、映画俳優であると同時にミュージカル・スターとしても活躍するヒュー・ジャックマン。アン・ハサウェイ、ラッセル・クロウ、アマンダ・セイフライド等、歌も演技も才能溢れる豪華キャストが名を連ね、彼らが実際に歌いながら撮影されたミュージカル・ナンバーは感涙必至! アマンダ演じるコゼットに恋する青年・マンリウス役のエディ・レッドメインは、本作をきっかけに女性ファン急増間違いなしです。

『レ・ミゼラブル』

オリジナル舞台に忠実なキャタクターやストーリー展開にファンは感激、立ち上がる民衆の迫力や、バリケード戦のスケール感は映画ならでは! この冬、ぜひ劇場の大スクリーンで体感して欲しい一作です。

『レ・ミゼラブル』

『レ・ミゼラブル』
STAFF
トム・フーパー
CAST
アン・ハサウェイ、ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アマンダ・セイフライド、
エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン

12月21日よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開

©2012 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

MOVIE

NEWS

 『レ・ミゼラブル』関連ニュース
page top