『サクラメント 死の楽園』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

ある日、連絡が途絶えていた妹から奇妙な手紙を受け取ったパトリック(ケンタッカー・オードリー)。彼は過激な取材スタイルのVICE社のサム(AJ・ボーウェン)、ジェイク(ジョー・スワンバーグ)らとともに、とある共同体へと潜入取材を敢行する。ヘリに乗ってたどり着いたのは「エデン教区」と名付けられた場所で、皆幸せそうに暮らしており、妹も無事だった。彼女は、ここで豊かな生活ができるのは“ファーザー”のおかげだと話す。他の住民の話を聞いても皆同様に笑顔でファーザーの素晴らしさを語るのだった。真相を確かめる意味も含めてサムがファーザーにインタビューしたいと希望し、それは実現することになる。夜になると、住民たちは一堂に会し、ファーザーの登場を待っていた。彼が現れると皆立ち上がり、拍手をして迎えた。皆が見守る中でインタビューが始まる。サムは遠慮なく切り込んだ質問をしていくも、ファーザーはそれに対してと受け答えする。その一答、一答に対して住人たちは大きくうなずき、賛同するのだった。最後には大歓声まで巻き起こり、インタビューはサムの完敗に終わる。その後、パーティが始まり、住民たちは楽しそうに歌い、踊っていた。平和に見える<地上の楽園>だったが、不可解な空気が見え隠れし始める。一旦集会所から離れると、夜の闇から現れた少女が「私たちを助けて」と書かれた小さな紙を渡してきた。遠巻きにいるのは、単なるガイドのはずなのに銃を持つ男たち。ファーザーの部屋に忍び込むと開いていた金庫の中には無数のパスポートが置いてあった。住人たちは一様に何かに対して祈りを捧げている。そして姿を消したパトリック。あからさまに異様な雰囲気の中、一部の住人たちが何かを恐れ、ここを出たいと内密に訴えてきた。自分たちがいるのはカルト教団で、一度入ったら出ることを許されない狂った場所だと言うのだ。事態を重く見たサムとジェイクは明朝迎えにくるヘリで脱出を試みようとするのだが、突如として銃の乱射が始まる。しかし、これはまだほんの悪夢の始まりに過ぎなかったのだ―。

スタッフ

監督

タイ・ウェスト

キャスト

作品データ

  • 2015年11月28日より角川シネマ新宿レイトショーほか全国にて公開
  • 原題The Sacrament
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© 2013 SLOW BURN PRODUCTIONS LLC
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ
page top