『ありがとう、トニ・エルドマン』作品情報

公開の映画作品

あらすじ

悪ふざけが大好きな父親ヴィンフリート(ペーター・ジモニシェック)は、コンサルタント会社で働く娘のイネス(ザンドラ・ヒュラー)とあまり上手くいっていない。たまに会っても、彼女は仕事の電話ばかりしていて、ろくに話すことも出来ない。そんな娘を心配したヴィンフリートは、彼女が働くブカレストを訪れることにする。父の突然の訪問に驚く彼女だったが、何とか数日間一緒に過ごして、父はドイツに帰ることになる。少しホッとした彼女のもとに、<トニ・エルドマン>という別人になった父が現れて…。

スタッフ

監督

マーレン・アーデ

キャスト

  • ペーター・ジモニシェック
  • ザンドラ・ヒュラー

作品データ

  • 2017年6月24日よりシネスイッチ銀座、新宿武蔵野館ほか全国にて公開
  • 原題Toni Erdmann
  • 製作年
  • 製作国
  • 上映時間
  • 映倫区分
  • 配給会社
  • クレジット© Komplizen Film
  • 公式サイト
ジャンル
感情タグ

『ありがとう、トニ・エルドマン』関連記事

“21世紀は女性の時代”『ボンジュール、アン』ほか女性監督の個性が光る3作品 画像
洋画ニュース

“21世紀は女性の時代”『ボンジュール、アン』ほか女性監督の個性が光る3作品

ソフィア・コッポラが女性としては史上2人目となる監督賞を獲得し、『光』の河瀬直美監督はエキュメニカル審査員賞を受賞するなど、女性監督の活躍が目立った先日のカンヌ国際映画祭。以前は男性社会だった映画界も、近ごろ賞レースの中に女性監督

【今週末公開の注目作】『フィフティ・シェイズ・ダーカー』『ありがとう、トニ・エルドマン』ほか 画像
スクープ

【今週末公開の注目作】『フィフティ・シェイズ・ダーカー』『ありがとう、トニ・エルドマン』ほか

大ベストセラー官能小説を基にした映画の待望の続編や、奇妙な父と仕事漬けの娘の不器用な関係を描いたコメディ作品など、今週末公開作品の中から、シネマカフェ編集部が“あらゆる女性の姿”をとらえた3作品をピックアップ!

不器用でも温かい…父子の愛に涙『ありがとう、トニ・エルドマン』ほか4選 画像
洋画ニュース

不器用でも温かい…父子の愛に涙『ありがとう、トニ・エルドマン』ほか4選

昨年のカンヌ国際映画祭で大きな話題を呼び、アカデミー賞外国語映画賞ノミネートをはじめ各国で40を超える賞を受賞した『ありがとう、トニ・エルドマン』。あのジャック・ニコルソンが惚れ込み、自身を主演にハリウッドリメイク

【ご招待】『ありがとう、トニ・エルドマン』試写会に5組10名様 画像
イベント

【ご招待】『ありがとう、トニ・エルドマン』試写会に5組10名様

〆切り:6月5日(月)

河瀬直美&ソフィア・コッポラに続くカンヌに愛された“イマ旬”女性監督に注目 画像
洋画ニュース

河瀬直美&ソフィア・コッポラに続くカンヌに愛された“イマ旬”女性監督に注目

5月17日(現地時間)から開催される第70回カンヌ国際映画祭。そのカンヌで、昨年、大きな話題をさらったのが、ドイツ映画『ありがとう、トニ・エルドマン』だ。悪ふざけが大好きな父ヴィンフリートと、コンサルタント会社で働く娘イネスが織り成すコメディドラマ

【予告編】奇妙な父と娘の愛を世界が絶賛『ありがとう、トニ・エルドマン』 画像
洋画ニュース

【予告編】奇妙な父と娘の愛を世界が絶賛『ありがとう、トニ・エルドマン』

第69回カンヌ国際映画祭にて公式上映されるや大絶賛を受け、第89回アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされたドイツ映画『ありがとう、トニ・エルドマン』(原題:Toni Erdmann)。引退表明をしていたジャック

page top