『息の跡』

息の跡
監督 小森はるか
俳優 佐藤貞一

岩手県陸前高田市。荒涼とした大地に、ぽつんとたたずむ1軒の種苗店「佐藤たね屋」。津波で自宅兼店舗を流された佐藤貞一さんは、その跡地に自力でプレハブを建て、営業を再開した。なにやらあやしげな手描きの看板に、瓦礫でつくった苗木のカート、山の落ち葉や鶏糞をまぜた苗床の土。水は、手掘りした井戸からポンプで汲みあげる。一方で佐藤さんは、自らの体験を独習した英語で綴り、自費出版していた。タイトルは「The Seed of Hope in the Heart」。その一節を朗々と読みあげる佐藤さんの声は、まるで壮大なファンタジー映画の語りべのように響く。さらに中国語やスペイン語での執筆にも挑戦する姿は、ロビンソン・クルーソーのようにも、ドン・キホーテのようにもみえる。彼は、なぜ不自由な外国語で書き続けるのか?そこには何が書かれているのだろうか――?

2017年2月18日よりポレポレ東中野ほか全国にて順次公開

2016,日本,東風

[Official Site]映画公式サイト

[BOX OFFICE]劇場公開時のランキング

『息の跡』の関連ニュース

    関連記事はありません


  • 予告編
  • フォトギャラリー
  • この作品に対しての動画はありません
  • 予告編
  • フォトギャラリー
場面写真


page top