日本アニメ『パプリカ』ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門出品決定

最新ニュース

『パプリカ』メイン
  • 『パプリカ』メイン
今年、8月30日から9月9日までイタリアのヴェニスで開催される世界3大映画祭のうちの一つヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門にアニメ映画『パプリカ』が出品されることが決定した。日本のアニメーション映画の出品は、2004年第61回ヴェネチア国際映画祭の宮崎駿監督作品『ハウルの動く城』以来2度目となる、

『パプリカ』は、ドリームワークスが世界配給権を取得したことで話題となった『千年女優』や『東京ゴッドファーザーズ』(世界配給決定)でその名を世界に知らしめた日本を代表するアニメ監督、今敏(こん・さとし)が文学界の巨匠・筒井康隆と手を組み、1993年に出版されたSF小説の傑作「パプリカ」をアニメ映画化したサスペンス。

他人の夢に入り込み、無意識の世界をモニターすることで治療を行う画期的な装置“DCミニ”が、ある日何者かによって盗まれる。次々と意識に進入し、夢を犯していく“夢のテロリスト”に立ち向かうべく“夢探偵パプリカ”が悪夢の中に入っていく。何者かによって操作された夢と現実世界が交差した時、物語は今までのイマジネーションを覆す精神世界に突入し、驚くべき結末を迎える。

ヴェネチア国際映画祭といえば、1997年(第54回)に北野武監督の『HANA-BI』がグランプリ・金獅子賞を獲得して話題となったが、過去には黒澤明監督の『羅生門』や『無法松の一生』が金獅子賞を受賞するなど、日本映画と非常につながりが深い。日本アニメとしては初めてコンペ出品された『ハウルの動く城』もオゼッラ賞(技術貢献賞)に輝いているだけに、今回の『パプリカ』にも期待がかかる。

各賞の発表、授賞式は9月9日予定。


『パプリカ』
配給:ソニー・ピクチャーズ
劇場情報:2007年お正月第一弾、テアトル新宿ほか全国公開にて公開
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top