草間彌生、蜷川実花、森山大道『パプリカ』公開記念「夢の女」展開催

最新ニュース

『パプリカ』 メイン
  • 『パプリカ』 メイン
本年度ヴェネチア国際映画祭で世界を熱狂させた本格サイコ・サスペンス『パプリカ』。『千年女優』や『東京ゴッドファーザーズ』でその名を世界に知らしめた日本を代表するアニメ監督、今敏が映像化不可能と言われた原作小説を映画化した映像エンタテイメント作品だ。

他人の夢に入り込み無意識の世界をモニターすることで治療を行う画期的な装置“DCミニ”が、ある日何者かによって盗まれる。次々と意識に進入し、夢を犯していく“夢のテロリスト”に立ち向かうべく“夢探偵パプリカ”が悪夢の中に入っていく。何者かによって操作された夢と現実世界が交差した時、物語は今までのイマジネーションを覆す精神世界に突入し、驚くべき結末を迎える…。

本作の公開を記念して、主人公パプリカ=“夢の女”をテーマに現代美術や写真などさまざまなジャンルで活躍するアーティストによる「夢の女」展を開催。このイベントのために新作を書き下ろした草間彌生をはじめ、森山大道、会田誠、蜷川実花らアート界の最先端で活躍しいる6名の作品が出展される。普段ギャラリーだと敷居が高くて…という方にも間近で作品を鑑賞できるまたとない機会だ。


日程:11月22日(水)〜12月12日(火) ※3週間
場所:TSUTAYA TOKYO ROPPONGI(六本木ヒルズ内)
1Fアートコーナー ギャラリースペース 入場無料
出品者:会田誠、天明屋尚、青山悟、草間彌生(※新作書き下ろし)、森山大道、蜷川花実(敬称略、6名)
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top