桃井かおり第1回監督作品『無花果の顔』桃井かおり、山田花子舞台挨拶

最新ニュース

桃井かおり第1回監督作品『無花果の顔』桃井かおり、山田花子舞台挨拶
  • 桃井かおり第1回監督作品『無花果の顔』桃井かおり、山田花子舞台挨拶
庭に花の咲かない無花果の木がある門脇家は、ごく平凡な家族。ある日突然、父が帰らぬ人となってから、それぞれが迎える人生のターニング・ポイントとは——。

11月21日(火)渋谷東急にて、女優・桃井かおりの第1回監督作品『無花果の顔』のプレミア試写会が行われ、桃井かおりをはじめ、山田花子、石倉三郎、高橋克実、岩松了、渡辺真起子、HIROYUKIら出演者7名が勢ぞろいし、上映前に舞台挨拶を行った。

本作品で出演のほかに監督・脚本を務めた桃井さんは、「この作品で監督をしてから、人に頭を下げられるようになりました。いい映画だって思い込んで観れば面白い映画なので、安心して笑って下さい。今日は久し振りに出演者のみんなに会ったんだけど、みんな本当によくぞ付き合ってくれたと思いました。韓国の釜山映画祭では、もう観客はドッカンドッカン笑って大好評。VARIETY誌では観た方が良い映画ベスト10に入って、図に乗って帰ってきたわけです。桃井がもう少し出てなければ、もっと良かったって言われて(笑)」と映画祭での手応えを語った。

映画初主演となる山田花子は、「早くも女優桃井超えを確信しました!」と女優業に開眼した様子。「桃井監督は天才肌なところがあるから、凡人の私なんかは監督の意向についていくのがやっとでしたが、張り合いがありましたよ」と桃井かおりの夫役を演じたベテランの石倉三郎がその監督ぶりを絶賛すれば、高橋克実も「何が起こるか分からない、良い意味で非常にスリリングな現場でした。監督が一番働いてて、物凄いエネルギーで、全然想像のつかないことをする方です」と同じく絶賛。

山田花子の恋人役で出演した岩松了は「桃井かおりさんのことを尊敬・敬愛しているので、とても光栄です。この映画の構想は10年くらい前に聞いていたので、その過程に自分が参加できて、この上なく嬉しいです」と出演の喜びを語った。渡辺真起子は出演のきっかけを、「特に理由は無いけど、ある日突然桃井さんから電話がかかってきて『出る?』って誘われたので、『出る』って答えました。現場の雰囲気は緊張感があって良かったです」と語った。山田花子の弟役で、音楽が本業のHIROYUKIは「(俳優として舞台挨拶に立つのは)やっぱり緊張する。音楽と映画だったら、音楽の方が向いてる」と語り、緊張感とともに新鮮味あふれる現場の様子がうかがえる舞台挨拶となった。

桃井かおりのエネルギーが詰まった『無花果の顔』は、12月23日(土)よりシネマスクエアとうきゅうほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top