もう少し身体を絞ったら愛染恭子? 友近、映画初主演作『酒井家のしあわせ』を語る

最新ニュース

『酒井家のしあわせ』 友近 photo:Yoshio Kumagai
  • 『酒井家のしあわせ』 友近 photo:Yoshio Kumagai
  • 『酒井家のしあわせ』 友近 photo:Yoshio Kumagai
  • 『酒井家のしあわせ』 友近 photo:Yoshio Kumagai
関西の小さな田舎町に住む4人家族の酒井家。ある日、父親が「好きな男(!?)ができたから家を出る」と言い出して…。一見幸せそうに見える家族の断絶から和解と再生に至るまでの紆余曲折を描いた、ちょっと笑えて、泣ける感動ドラマ『酒井家のしあわせ』がDVDリリースされる。そこで、映画初主演を飾った友近さんに当時の撮影の様子をふり返ってもらった。

「クランクイン前は正直不安な気持ちもありましたが、呉美保監督も気を遣ってくれたのか、優しいスタッフの方を揃えてくれまして(笑)。ロケ先の伊賀も穏やかで、現場には常にいい空気が流れていました」。

とはいえ、自分より10歳も年上の41歳、さらに再婚&子持ちという母親役は大きなチャレンジだったに違いない。
「演じた照美はコントでやるオバちゃんとはまるっきり違うタイプ。可愛らしさと女らしさを兼ね備え、その上、しっかりした部分もある。ただのオバちゃんでは片付けられない奥深いキャラクターなので、やりがいがありました。現場のセット、たとえば片付いたキッチンなどから、彼女はきっちりしたイイ女だろうとイメージして…。友人の母親に近い人がいたので、その人のことを思い浮かべながら演じたりもしました」。

さすが鋭いキャラ分析と人間観察力。では、普段どんな人物に興味がわくのだろうか?
「どちらかというと苦手だなと思う人ですかね。最初はイヤやなって思うけど、観察していくうちに面白くなっていくというか。嫌いなものをネタにすることで、好きになっていくんです」。

夫役のユースケ・サンタマリアとは初対面のときから同じ“匂い”を感じたそうだ。それで納得、絶妙なやり取りは本物の夫婦を思わせる。
「一緒にいてとても楽で、いまでも食事に行ったりしてますよ。芸能人と仲良くなることは滅多にないんですけどね(笑)。ユースケさんは現場を盛り上げてくれるムードメーカー。私はどちらかというとネガティブだから、よく励まされていました」。

2人の息の合ったところは、DVD特典のオーディオ・コメンタリーからも分かるので要チェック。そのコメンタリー収録は初体験だったとか。
「コメンタリーって撮影の裏側みたいのを喋るんですよね? 最初知らなくて、変なこと言うたらあかんのかと思っていたんで、ものすごく言葉を選んでしまって。途中から何でもアリなんやと気づいて、後半からぶっちゃけ話をしてますよ」。

本作で女優の面白さに目覚め、いろいろな役に興味があるという。
「みなさんが持っている自分のイメージを壊すような役をやりたいですね。犯罪者とか、純粋な役とか。あと、濡れ場を考えるとちょっとイヤヤなとも思うんですけど、実録“愛染恭子物語”みたいなのがあれば(笑)。まぁ、もうちょっと体を絞ってからの話ですけど(笑)」。

「家族には憧れもありますけど、今は仕事が楽しいんです」。そう笑顔で語る友近さん、これから女優としてどんな顔を見せてくれるのか楽しみだ。



『酒井家のしあわせ』
発売元:スタイルジャム
販売元:日活
発売日:7月6日(金)(2枚組/4,935円<税込>)
《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top