夏真っ盛りの宇都宮から全国へ 伝説の野球漫画の実写版『キャプテン』始動!

最新ニュース

『キャプテン』初日舞台挨拶にて (左から)室賀監督、永井さん、布施さん、小川さん、宮崎さん、佐藤宇都宮市長
  • 『キャプテン』初日舞台挨拶にて (左から)室賀監督、永井さん、布施さん、小川さん、宮崎さん、佐藤宇都宮市長
魔球を投げるエースがいるわけでもない、ものすごいホームラン・バッターがいるわけでもない敗戦続きの弱小野球チームが巻き起こす奇跡を描いた、ちばあきお原作の伝説の野球マンガを実写映画化した『キャプテン』。迫る8月18日(土)の全国公開に先駆けて、映画のロケ地である栃木県・宇都宮市の劇場2館にて、8月4日(土)、先行公開を迎え、主演の布施紀行、小川拓哉、宮崎美子、永井浩介、室賀厚監督による舞台挨拶が行われた。そして特別ゲストとして、本作の応援団長に任命された宇都宮市長・佐藤栄一氏が『キャプテン』応援団長キャップをかぶって登場した。

偶然にも当日は、宇都宮市の夏の一大イベント「宮まつり」の日。何基もの神輿が出陣する、街を挙げてのこの祭りと同じ日に、朝一番の上映にもかかわらず、多くの市民の温かい視線に見守られながら舞台挨拶は幕を開けた。主人公・谷口タカオ役を応募総数3,000以上のオーディションの末に射止めたシンデレラ・ボーイの布施さんは、待ちに待った初日を迎えて「大好きな野球の映画に出演できて、とても嬉しいです。最初(主役に決まったとき)は、自分がやっていけるのかと思いましたが、出来上がった映画はとても面白く仕上がっていて驚きました」と挨拶。全編にわたってロケが敢行された、この宇都宮での一番の思い出を聞かれると、「野球合宿したときにみんなで泊まった宿舎。本当の野球部みたいに全員が一つになれた」と答えてくれた。

同じ質問に「国本中学校のグラウンド。いま行ったら練習のことを思い出して泣いてしまうかも」と語るのは、谷口のチームメイト、丸井役を演じた小川さん。役の設定と同じ現役中学生である小川さんは「この映画を撮ったときは身長が145cmでしたが、1年経って165cmになってしまいました。声変わりもしたし、髪の毛も伸びましたが、まだ丸井の鼻をこする癖が抜けずに残っています」と、この1年間での自身の成長を振り返った。

2人の子供を見守るような眼差しで佇む、タカオの母親役の宮崎さんは、このコメントを受けて、「この映画の出演者はタカオを始め、新米教師もみんな成長するのがとても気持ちのいい映画なんです。私も一緒に身長が伸びちゃった気分です(笑)」と語る。

また原作にはない映画のオリジナルキャラクター、谷口のコーチで、撮影現場では墨谷二中メンバーの兄貴分でもあったサブ役を務めた永井さんは、「映画がついに公開になって本当に嬉しいです! 墨二ナインに野球を教えるために野球合宿に参加しましたが、布施くんは本当に野球が上手くて感心しました」と布施さんを大絶賛。撮影後には、みんなで宇都宮の温泉で“ハダカの付き合い”をしたというエピソードも。

少年時代からの原作マンガの大ファンだという室賀監督は、作品について「原作の持つ良さ、空気は変えずに大事にしました。努力と根性が大きなテーマですが、友達との絆、家族の絆をもう一つのテーマに置きました」と語る。そして最後に市民の人々に向けて「宇都宮でなかったら、この映画はおそらく完成しなかったでしょう。それくらい、みなさんに支えられた撮影でした」と感謝の言葉を述べ、ほがらかな空気に包まれた舞台挨拶を締めくくった。

「主人公の谷口が挫折しそうになったときに、父親の厳しさと母親の優しさでもって、励ますことで立ち直っていくさまが一番心に残る映画です。しかも宇都宮をこんなに取り上げていただいた映画も初めてです。是非とも全国で大ヒットしてもらいたいですね」という佐藤市長からのエールを筆頭に、宇都宮の街、人が一丸となって送り出す『キャプテン』は8月18日(土)より渋谷Q-AX シネマほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top