ワインスタイン兄弟がアジア映画のファンドを設立

最新ニュース

エイジアン・フィルム・ファンドの第1作目『The Forbidden Kingdom』の記者会見にて -(C) Reuters/AFLO
  • エイジアン・フィルム・ファンドの第1作目『The Forbidden Kingdom』の記者会見にて -(C) Reuters/AFLO
ミラマックス社時代から数々のオスカー受賞作を手がけ、90年代のハリウッドにインディーズ・ブームを巻き起こした映画プロデューサーのハーヴェイ&ボブ・ワインスタイン兄弟が、アジアを舞台にした映画に投資する2億8500万ドルのエイジアン・フィルム・ファンド(Asian Film Fund)設立を発表した。

アジアで撮影することでコストを抑え、”西欧の感性”を加味して、アジアと欧米双方の市場にアピールする作品づくりを目指すという。

現在中国で撮影中のジャッキー・チェン&ジェット・リーの初共演作『Forbidden Kingdom』(原題)が第1作となり、今後は黒澤明監督の『七人の侍』のリメイク企画やディズニーのアニメ映画『ムーラン』の実写版など、21本の映画、10本のビデオ作品の製作が予定されている。



写真は、6月14日に中国で行われた『The Forbidden Kingdom』の記者会見。ジャッキー・チェン(左)とジェット・リー(右)の間にいるのは監督のロブ・ミンコフ。

© Reuters/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

特集

page top