「加藤さんは兄貴肌、ケンドーさんは和みます(笑)」上野樹里『リトル・レッド』公開

最新ニュース

『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』初日舞台挨拶にて(左から)加藤浩次、森理沙子、上野樹里、ケンドーコバヤシ
  • 『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』初日舞台挨拶にて(左から)加藤浩次、森理沙子、上野樹里、ケンドーコバヤシ
  • 『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』 上野樹里
  • 『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』 加藤浩次
全米で2006年1月に公開され初登場1位を記録した『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』。従来のイメージを覆す“赤ずきんちゃん”が登場する本作が10月6日(土)に公開を迎え、主人公のレッドの声を担当した上野樹里、オオカミ役の加藤浩次、カエルのニッキー役のケンドーコバヤシに加え、一般公募した“ミス・リトル・レッド”の優勝者、森理沙子ちゃんが登壇し、舞台挨拶を行った。

「声優として映画に主演するのは初めてで、今までにない感覚に緊張しています」と挨拶した上野さん。本作のプロモーションで加藤さん、ケンドーさんと「密に会っていた(加藤さん)」彼女に男性陣2人の印象を聞いてみると…「加藤さんはトークがすごくお上手で、その場を引っ張ってくれるリーダー的存在です。(加藤さんが演じた)オオカミもそうですけど兄貴肌的なところもあれば、シャイな部分もあったり。ダーッとしゃべるかと思えば、ちょっと落ち着いて人の話を聞いていたりして、どちらの面も持ってる方ですね。ケンドーさんは一緒にいると和みます(笑)」とのこと。実際、楽屋で加藤さんとケンドーさんが楽しそうに笑っているのが聞こえてきたからという理由で、お二人の楽屋にお邪魔したこともあったそうだ。

上野さんの「和みます」というコメントに「昔のあだ名は“お茶”でした(笑)」と切り返したケンドーさんは、「最初にこのお話をいただいた時に、楽しそうな映画だと思ったんですが、観終わったらかっこいい映画という印象が強かったので、男の人にも観てほしいです」と作品の見どころをアピール。最後に、理沙子ちゃんに「ケンドーさんは優しいです」と言われ、本気で照れたりも(笑)。…理沙子ちゃんはまだ9歳です!

「映画を観終わられた後ということなので、一人ずつダメ出しをしてもらいたいと思います。挙手していただいて、“加藤のあそこがダメだった”とか“加藤が気持ち悪かった”ということがあれば言っていただければ」と、開口一番に語った加藤さん。挙手をする観客がいないと見るや「ダメ出しはないようなので、大成功ということでよろしいですか?」と一安心(?)した様子。続く「この時期に『クローズド・ノート』じゃなくて、こっちを選んでいただいて、ありがとうございます。本当に嬉しい限りです」という感謝…というよりもネタ的なコメントに会場は大爆笑だった。今回のオオカミ役にあたり監督には「『スッキリ!!』の加藤さんじゃなくて、『めちゃイケ』の加藤さんでお願いします」と言わたそうで、その辺りにも注目したい。

3人が口を揃えて「みなさん、一人につき10人ずつ“『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』が面白い”という口コミ作戦で宜しくお願いします」と言う『リトル・レッド レシピ泥棒は誰だ!?』は渋谷アミューズCQNほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top