本仮屋ユイカがサーファー娘に!? 全米人気ドラマ「ビヨンド・ザ・ブレイク」試写会

最新ニュース

全米人気サーフィンドラマ「ビヨンド・ザ・ブレイク」プレミア上映会開催
  • 全米人気サーフィンドラマ「ビヨンド・ザ・ブレイク」プレミア上映会開催
  • 『Beyond The Break [海外TVドラマ]』
  • 『ビヨンド・ザ・ブレイク』 DVD
ハワイを舞台に、4人の少女がプロのサーファーチームで技術を磨きながら、恋愛や友情、家族、仕事など様々な試練を乗り越えながら成長していく姿を描いたTVドラマ「ビヨンド・ザ・ブレイク」。本作が、4月12日(土)よりテレビ朝日にて放送開始、さらに6月4日(水)にDVDが発売される。これを記念して、4月8日(火)に本作のプレミア上映会が開催され、日本語吹き替えを担当した本仮屋ユイカ、クリスティーナ、藤井悠、千葉アリサに加え、主題歌を担当したKCB、スペシャル・サポートのブラザートムが舞台挨拶を行った。

今回が声優初挑戦となった、本仮屋さんとクリスティーナさん。破天荒な性格のレイシーの吹き替えを担当した本仮屋さんは「初めて悪い子を演じました。映像としてイメージが出来上がっているものに声を乗せるのは難しかったです」。セクシーなお嬢様・ドーンの吹き替えを担当したクリスティーナさんは「英語の方がペラペラなので日本語で吹き替えるのが難しかったです。でも、みなさんに助けられて楽しんでやれました」とそれぞれの苦労話と感想を披露してくれた。

同じく女性サーファーのメンバー、バーディーとカイの吹き替えで、声優に初めて挑戦した藤井さんと千葉さんもまた「バーディーはサーフィンにも恋にも一途な女の子です。アフレコは声と映像を合わせるのがすごく難しかったのですが、周りにいたプロの方にいろいろ助けられ良い経験になりました」(藤井)、「カイは常に優しくて優等生タイプの女の子です。アフレコはプロの声優さんが支えてくれて出来ました」(千葉)とそれぞれアフレコを終えての感想を語ってくれた。

そして、人気バンド「オレンジレンジ」の元メンバー・KATCHAN率いる新バンド・KCBが、日本語版主題歌「A RIZE」(スタジオセブンレコーディングスより5月21日発売/1,223円<税込>)を手がけた。曲に込めた思いについてKATCHANは「曲は去年の夏に書きました。夏なのでみんなでワイワイ出来るイメージで作りました。歌詞はこれからスタートという気持ちを強く出したので、ドラマともうまくリンクしていると思います」とコメント。ブラザートムさんは「ハワイのマカハのビーチがたまらなく素敵です。女の子たちの恋に、本当にイライラさせられることがあって面白い。観ていて飽きない作品です。アメリカの嫌な面もたくさん出てきますが、ハワイの波一つで全て流されます」とお薦め。「ビヨンド・ザ・ブレイク」は、4月12日(土)よりテレビ朝日にて放映開始。

「ビヨンド・ザ・ブレイク」シーズン1 DVD-BOX
発売・販売元:SDP
価格:10,290円(税込)
発売日:6月4日(水)

「ビヨンド・ザ・ブレイク」TV放映
テレビ朝日にて4月12日(土) 25時25分〜放映(一部地域を除く)
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top