松田龍平が“変顔”で三浦由衣の渾身の演技をアシスト! 『悪夢探偵2』公開

最新ニュース

『悪夢探偵2』初日舞台挨拶 (左から)塚本晋也監督、松田龍平、三浦由衣、市川実和子、光石研。
  • 『悪夢探偵2』初日舞台挨拶 (左から)塚本晋也監督、松田龍平、三浦由衣、市川実和子、光石研。
  • 『悪夢探偵2』初日舞台挨拶。(左から)塚本晋也監督、松田龍平、三浦由衣、市川実和子、光石研。
  • 言葉少なながら完成した作品に自信をのぞかせた松田龍平。
  • 初日を迎え晴れ晴れとした笑顔の三浦由衣。
  • 主人公・京一の母親役を演じた市川実和子。
  • 光石研は大ファンの市川実和子との共演にニンマリ。
他人の夢に入り込む能力を持つという特殊能力を持った青年が、苦悩を抱えながらも、その力を駆使して活躍する姿を描いた『悪夢探偵』の続編、『悪夢探偵2』が12月20日(土)に公開を迎えた。公開劇場のシネセゾン渋谷にて初日の舞台挨拶が行われ、主演の松田龍平を始め、三浦由衣、市川実和子、光石研、そして塚本晋也監督が登壇した。

松田さんが「今日は、30本もの映画が公開されるということですが、そんな中でわざわざ『悪夢探偵2』を選んでいただきありがとうございます」と挨拶すると、続く三浦さん、市川さん、光石さんもこれと全く同じ挨拶を繰り返し、会場の笑いを誘った。

塚本監督は俳優陣の素晴らしさを強調。「龍平さんは本当に夢に入れそうな存在感に加え、今回は探偵としても大活躍してくれています。撮影の最後の方には、打ち合わせなしで、心が通じ合ったかのような演技を見せてくれました。三浦さんは、自然なお芝居と非常に微妙な表情で、いろんなことを物語ってくれています。市川さんは今回は、すっげー素晴らしいんです! 子供との難しいやりとりがあるんですが、本当に、本当に素晴らしいお芝居を見せてくれました。それから光石さんとは20年ぶりにご一緒したんですが、いまは日本映画を代表する役者さんになられて。そんな方の俳優人生30周年という節目の年に、大事な役で出ていただけて光栄です」とひとりずつの名を挙げて絶賛した。

松田さんは見どころを尋ねられるも、これから映画を鑑賞する観客を前に「ここはあえて、コメントは控えておきたいと思います。前回の第1作があって、今回2作目ということで気づくことがたくさんありました」と思わせぶりなコメントを残した。三浦さんは撮影の思い出として「最後のシーンの撮影で、カメラの後ろで松田さんが“変顔”をしてて、おかげで微妙な表情の芝居が上手くできました」と明かした。松田さんは、一体どんな変な顔をしたのか…?

市川さんも見どころを聞かれ、考え抜いた末に「ラストシーンが素敵です」と語り、光石さんは「僕のシーンの見どころは…あんまりないですね(笑)」と謙遜。さらに市川さんと夫婦役を演じたことについて「キューピーマヨネーズのCMに出てらした頃から大ファンだったので光栄でした」と嬉しそうに語った。

松田さんが「自分でもすごく好きな作品です」と自信を持って贈る『悪夢探偵2』はシネセゾン渋谷ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top