ミッチー、クローン役で「ミッチービームは封印」 『クローンは故郷をめざす』公開

最新ニュース

『クローンは故郷をめざす』初日舞台挨拶にて (左より)嶋田久作、及川光博、中嶋莞爾監督
  • 『クローンは故郷をめざす』初日舞台挨拶にて (左より)嶋田久作、及川光博、中嶋莞爾監督
  • クローン技術がもたらす苦悩を、それぞれ見事に表現
  • 映画初主演で若き日の夢を遂に実現
  • 「ミッチーでも及川光博でもない表情を見せた」
  • 壇上ではミッチースマイルは健在
  • 役柄とは打って違う、穏やかな表情の嶋田さん
  • 3人そろってミッチーポーズで記念撮影
  • “ベイベーちゃん”に語りかけるミッチー
人間のクローン技術が完成されつつある近未来の世界を舞台に、日本の死生観を深く見つめる『クローンは故郷をめざす』。2006年度のサンダンス・NHK国際映像作家賞を受賞し、ヴィム・ヴェンダースが自らエグゼクティブ・プロデューサーを務めるなど、世界でも高い評価を受けた本作が1月10日(土)に公開を迎えた。上映後の舞台挨拶に監督の中嶋莞爾、主演のミッチーこと及川光博、嶋田久作が登壇した。

本作が映画初主演作となった及川さんは「20歳の頃、俳優養成所に通っていた若き日の夢が実現したことを大変嬉しく思います」としみじみ。主人公・耕平と2人のクローンというシリアスな3役に挑戦するにあたり、イメージを払拭するのに相当苦労したという及川さん。「日頃のクセで、ふり返る演技もついつい“キラッ”としてしまうもので、監督からはビームを出さないでほしいと言われました。また、撮影の後半になると共演者の方がいなくて一人ぼっちでしたが、風の音や揺れる木々、水の流れ、そういった自然が共演者でした」と、ここではミッチービームを発射しながら説明し、会場に集まった多くの女性客を沸かせた。

そんな及川さんを「かわいそうだなと思ってました」と明かし観客を笑わせたのは、クローン研究者役の嶋田さん。本人も自覚するように、科学者や警察上層部の役を演じることが多くハマリ役だが、実は「知性というのは出そうと思っても出るものではないので、自分より頭がいい人や器の大きい人を演じるのは難しい」のだとか。

絵コンテまで及川さんをアテ書き、愛のムチで演技指導にも妥協を許さなかったという監督は、「及川光博に対するリスペクトが少々過激に出てしまった。彼をいじめ抜き、リスペクトしながら作り上げました」と言う。そして、脚本作りから足掛け5年で完成させた作品を「最後までモチベーションを下げずに、本当に丁寧に作り上げた渾身の一作です」と送り出した。

及川さんが「スクリーンには、ミッチーでも及川光博でもない、自分でも見たことのない表情やたたずまいが映っている」と自信を持って贈る『クローンは故郷をめざす』はシネカノン有楽町1丁目ほか全国にて順次公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top