成宮「芸能人としてダメだった」と失態を反省 下ネタ続出の『ララピポ』初日舞台挨拶

最新ニュース

『ララピポ』初日舞台挨拶(左より)宮野雅之監督、濱田マリ、村上知子、成宮寛貴、中村ゆり、皆川猿時、吉村崇
  • 『ララピポ』初日舞台挨拶(左より)宮野雅之監督、濱田マリ、村上知子、成宮寛貴、中村ゆり、皆川猿時、吉村崇
  • 『ララピポ』 成宮寛貴
  • 『ララピポ』が縁で結婚? 濱田マリ&村上知子
  • 『ララピポ』ぬいぐるみを観客に投げる登壇者たち
  • 宮野監督の意外な嗜好を暴露!
  • 息の合った様子を見せる皆川さん(左)&吉村さん(右)
  • カメラに向けて決めポーズ!
  • 本作で“ダメな”一面を出し切った成宮さん
“a lot of people”がうごめく大都会・東京を舞台に、負け組の人生を生き抜く6人の男女を切なくも可笑しく描いた『ララピポ』。奥田英朗の同名小説を、個性的な俳優陣を集めて映画化した本作が、2月7日(土)に公開初日を迎え、初メガホンを取った宮野雅之監督はじめ、主演の成宮寛貴、村上知子(森三中)、中村ゆり、吉村崇(平成ノブシコブシ)、皆川猿時、濱田マリら総メインキャストによる舞台挨拶が行われた。

どれを取っても強烈なキャラクターに挑まざるを得なかったキャスト勢。風俗スカウトマンで新境地を開いた成宮さんは、「この26年間、演技の中で自分の薄っぺらい部分や嘘がへたくそな部分を隠してきたので、そこをハイライトして見せるのは恥ずかしかった」と本作が大きな試練だったことを語る。この“ダメ人間”に因んで、登壇者には自身のダメな点を聞いてみると、成宮さんはご法度となっていた海外での盗難被害の話を自ら持ち出し「安心して気を抜いた瞬間に盗まれてしまった。おまけにそれを軽い気持ちでブログにも書いてしまって…芸能人としてダメだなと思った」と反省。一方、本作でAV女優に堕ちていくOL・トモコを演じた中村さんは、その役作りの段階で、「撮影前にビデオのパッケージ作りで、小学生の格好で縦笛を持たされたり、ナースの格好で縛られたりした」と、こちらも過激な試練を乗り越えた様子。監督について「アヒル口が大好きなんです」と意外な嗜好までも暴露し、監督のみならず観客をドキッとさせた。

初の舞台挨拶に興奮しきりだったのは、本職はお笑い芸人の吉村さん。撮影でも「何とか芸人として笑いをとろうと最初のシーンでオナラをしたんですけど、あのときの周りの人の顔と言ったら…」と苦い経験を明かすや、今後の映画出演に至っては「もちろん吉村はやりますが、監督とは性的な嗜好が全く合わないので二度と一緒にやりません!」と言い切った。

自身のダメな一面について「一つのことを最後まで成し遂げたことがない」と半ば開き直ったように話すのは皆川さん。「ぼくはプラモデルも完成させたことがないんですが、この前の引越しのときもイケアの家具を買ったんですけど、人に全部組み立ててもらいました」と明かし、笑いを誘った。そんな皆川さんが本作で演じるのは引きこもりのフリーライター。この役に自身を重ね合わせたという宮野監督は、「あまりに暇で図書館に行くと、自分に似た人がいっぱいいるんです。それを見て、ふと笑ってしまった瞬間の気持ちが『ララピポ』に出てるかなと思います」と語った。

本作が縁で(?)結婚という幸せを授かったのがこの2人。ロリータファッションのデブ専AV女優に扮した村上さんは、注目のベッドシーンについて「これはプライベートレッスンが必要だと思い、撮影に入る3か月間は必死に、役作りではなく彼氏作りに励んだおかげで結婚できた。人って切羽詰るとここまで出来るんだと思った」と明かし、「プロレスのような、私らしい一面が出てるベッドシーンになっているので、マンネリ気味の方は参考にしてください」と余裕を見せた。そしてもう一人、昨春に再婚していたことを先日発表した濱田さんは、ゴミ屋敷に住む淫乱主婦を演じたが、「芸能界というところは世知辛いイス取りゲームですが、この役を演じたら独り立ちできるやんけと思い、浅はかな欲を抱いて臨みました」と役への愛着を明かすと同時に、監督の指導ぶりを称賛。まさに幸せの絶頂にいる濱田さんへ、自身のダメな点を尋ねると、「いつも寝るときにマスクをつけるんですが、その跡がなかなか取れず、朝の生放送でも消えないまま出演したりと、そんな日常です」とアラフォーならではの悩みをお得意のトークで語り、会場を盛り上げた。

一同が口を揃えて「明るく元気になれる映画」と語る『ララピポ』は渋谷シネクイント、シネ・リーブル池袋、新宿ミラノ3ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top