熱き男たちの絆を観て、聴け! THE ALFEE、35年目で海外映画と初タッグ

最新ニュース

『ウォーロード/男たちの誓い』 -(C) 2008 Talentaid International Ltd. All Rights Reserved.
  • 『ウォーロード/男たちの誓い』 -(C) 2008 Talentaid International Ltd. All Rights Reserved.
  • 今年でデビュー35周年目を迎えるTHE ALFEE
  • 『ウォーロード/男たちの誓い』 -(C) 2008 Talentaid International Ltd. All Rights Reserved.
ジェット・リー、アンディ・ラウ、金城武とアジアのトップ俳優3人を揃え、男たちの熱き戦いを描いた歴史超大作『ウォーロード/男たちの誓い』。2007年の中国興収No.1を記録し、アジア映画界を席巻した本作が、5月8日(金)、日本でも公開を迎える。このたび、本作の日本版エンディングテーマに、今年でデビュー35周年を迎える大御所バンド・THE ALFEEが書き下ろした新楽曲「風の詩」が抜擢されることになった。

本作の舞台となるのは、太平天国の乱が起こる、激動の清朝末期。太平天国軍打倒の名の下に、義兄弟の契りを交わしたジェット扮する将軍とアンディ、金城の2人が演じる盗賊の固い絆と友情が描かれる。3人の男たちの絆といえば、35年間にわたり第一線で活躍し続けてきたTHE ALFEEの桜井賢、坂崎幸之助、高見沢俊彦も同じ。今回、35年目にして初めての試みとして、海外の映画に楽曲を提供することに。作詞・作曲はリーダーの高見沢俊彦、メインボーカルは桜井賢が担当し、ドラマに負けない熱いバラードが仕上がった。

本編を観て同曲を書き下ろした高見沢さんは、「史実に基づいた、3人の男たちの愛と友情と戦いを観て、心が震えるほど感動しました。映画を観る前に、ある程度イメージしていた楽曲が自分の中にはあったのですが、そのパワーと情熱の映像は、全てを書き直させる迫力を持っていました」と本作を絶賛。「“ウォーロード”という壮大な物語と共に『風の詩』とタイトルされた35年目のアルフィーの新曲を、ぜひとも劇場の大スクリーンでご堪能ください」とコメントを寄せている。

同曲は、デビュー35周年第1弾シングル「桜の実の熟する時/風の詩」として5月13日(水)に発売。『ウォーロード/男たちの誓い』は5月8日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top