【G.W.は何を観る?】魅力的なキャラ萌えで“非歴女”も楽しめる『GOEMON』

最新ニュース

『GOEMON』 -(C) 2009「GOEMON」パートナーズ
  • 『GOEMON』 -(C) 2009「GOEMON」パートナーズ
  • 『GOEMON』 -(C) 2009「GOEMON」パートナーズ
  • 『GOEMON』 -(C) 2009「GOEMON」パートナーズ
今年も『レッドクリフ』の天下か? という声も聞こえる今日この頃ですが、“赤壁帝国”に対抗しうるスケールの邦画大作がやっと到着。『CASSHERN』の紀里谷和明監督が5年ぶりに放つ『GOEMON』は、その名の通り天下の大泥棒・石川五右衛門を主人公にした歴史モノ。前作の製作時から構想していたというから、まさか2009年の歴史ブーム、“歴女(レキジョ)”旋風を予期したわけではないでしょうが、“格差社会”や“100年に一度の経済危機”が切実に叫ばれる世相をしっかりと反映させているところは、やはり恐るべき慧眼!

中世ヨーロッパ、はたまた近未来を思わせる豪華絢爛な衣裳と舞台装置、信長暗殺の謎を絡めつつ、秀吉の治世から関ヶ原の合戦に至る過程を描いたストーリー。これだけで、歴女のお姉さま方が、手ぐすね引いて公開を待ちわびる姿が目に浮かぶようですが、“非歴女”の各々方も心配ご無用! しっかりと万人が楽しめるエンターテイメントに仕上がっています。その最大の要因、それは魅力的な登場人物たちの存在に尽きます。

江口洋介に大沢たかお、広末涼子、奥田瑛ニ…と“豪華”の一言に尽きますが、「豪華な顔ぶれ=魅力的な登場人物」などと安易に思うなかれ。五右衛門から秀吉、家康に至るまで、それぞれの人物が置かれた立場と背負った運命が、演じる俳優陣の表情にしっかりと刻まれていて、その役をその俳優が演じる“必然性”をきちんと感じさせてくれるのです。いやはや、いずれもハマり役。

個人的にはゴリが演じた五右衛門の子分・佐助と要潤の石田三成の両名が素晴らしかった。かっこつけようにもかっこつけていられない庶民の“声”をしっかりと感じさせてくれる佐助。秀吉という天才に対する畏怖と権力欲のはざまで小才ぶり(と小心者ぶり)を発揮する三成。この2人に限らず、全ての人間が抱える“弱さ”が物語に一層の深みを与えています。ズラリと並んだ男たち、誰に萌えるも自由。戦国絵巻の人間模様をご覧あれ!
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top