鳥肌モノ!硬派・遠藤憲一が映画予告編でダジャレ披露 渋い声で響くオヤジギャグ必見

最新ニュース

遠藤憲一×『ドゥームズデイ』 -(C) ROGUE PICTURES
  • 遠藤憲一×『ドゥームズデイ』 -(C) ROGUE PICTURES
“エンケン”などと気軽に呼ぶには怖過ぎ! 刑事役やヤクザ役など、泣く子も黙る凄みのある役柄にバッチリとハマり、邦画に欠かすことのできない存在となっている名優・遠藤憲一。そんな彼が意外なCMに挑戦していることが明らかになった。

実は遠藤さんは、特徴的で渋〜い声の持ち主として、映画の予告編やCMのナレーションで引く手あまたの存在。「ティーダ」(日産)や「絶妙バーガー」(ロッテリア)、「アジエンス」(花王)など、誰もが一度は目にしたことのあるCMや、最近では映画『MW -ムウ-』『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』の予告編で自慢の声を披露している。

そんな彼が新たに挑んだのが、9月19日(土)より公開となる『ドゥームズデイ』の予告編(TVスポット)のナレーションだが、硬派のイメージの強い彼がここで、ダジャレを披露しているのだ! 
『ドゥームズデイ』はウイルスが蔓延する近未来を舞台に、人類滅亡を食い止めるべく戦う女戦士の活躍を描いたアクションスリラー。とてもダジャレが入り込む余地などなさそうな、シリアスな作品なのだが、劇場公開初日(19日)から23日(水・祝)までの5日間、全国の本作公開劇場の窓口で「世界の終わり」というキーワードを言った人は誰でも1,000円で本作を鑑賞できるというキャンペーンを実施する。遠藤さんは、そのキャンペーンに合わせたダジャレを言うのだが、重厚な映像世界にピッタリの、低く響き渡る声で繰り出される、“泣く子も黙る”遠藤憲一、一世一代のダジャレは一見、いや一聴の価値あり! いろんな意味で鳥肌が立つ? その中身とは…。

このTVスポットのオンエアは9月14日(月)からだが、いち早く映画公式サイトおよび、シネマカフェ内の『ドゥームズデイ』作品情報ページ(予告編欄)にて公開中! 『ドゥームズデイ』は9月19日(土)より新宿ミラノほか全国にて公開。

『ドゥームズデイ』
http://www.cinemacafe.net/movies/cgi/20845/
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top