工藤夕貴インタビュー「二十歳の頃よりもいまの方がずっと元気だなって感じますね」

最新ニュース

『リミッツ・オブ・コントロール』 工藤夕貴
  • 『リミッツ・オブ・コントロール』 工藤夕貴
  • 『リミッツ・オブ・コントロール』 工藤夕貴
  • 『リミッツ・オブ・コントロール』 工藤夕貴
その独特の世界観が熱烈な支持を集めるジム・ジャームッシュ。『ブロークン・フラワーズ』以来、4年ぶりとなる新作『リミッツ・オブ・コントロール』では、これぞジャームッシュという、夢と現実を往き来するようなシュールかつスタイリッシュな世界を構築している。本作に日本から参加し、実に20年ぶりとなるジャームッシュとのコラボレーションを果たしているのが工藤夕貴である。

「ジムの前で英語で演技するのは恥ずかしかったです…」

「長かったような、短かったような…複雑な心境でした」。『ミステリー・トレイン』からの20年間をこう表現する工藤さん。
「ずっと会っていなかったわけではなく、機会があるたびに会ってたんですよ。でも、仕事は20年ぶりで、おまけに前作は母国語での演技だったのに、今回は英語。すごく不思議な気持ちになりました」。

では、改めて今回の撮影をふり返ってみての感想は?
「やりやすかったですよ。でもプレッシャーはありましたね、昔から知ってるから。ジムの前で英語で表現するっていうのが恥ずかしかったです(笑)。彼は、日本語で表現する私を知っていて、彼こそが私にきっかけを与えてくれた人で…。そういう前提がある上で、彼の言葉(英語)で表現する…全て見透かされちゃう気がして。その上で、彼がどういう風に私を見るのか? 不安だったし緊張しましたよ」。

工藤さんが演じるのは、コードネーム「分子」。その名の通り、“分子”について話をするわけだが…。
「本当にセリフも独特で…(苦笑)。“Wait three days until you see the bread.(=パンを見つけるまで3日間待ちなさい)とか。『パン? パンてどういうこと?』とか思って辞書まで引いちゃったりして、『やっぱり、パンはパンだよな…』とか(笑)。前日に、ジムとリハーサルもやったんですが、リハそっちのけで、20年分しゃべってて…。『どうせ練習しても、分子だしね』って」。苦笑交じりにふり返るが、短い時間の中で充実した撮影を過ごしたことがうかがえる。

「失敗して、学んで、強さを身につけて…最高じゃないですか!」

自身の女優としてのスタイルについて尋ねると、「水のようにサラサラと流れていろんな色に染まっていきたい」とも。そこからは、年齢を重ねることを楽しんでいる様子が感じられる。
「実は、二十歳の頃よりもいまの方がずっと元気だなって感じますね。農業やって、カフェ始めて、女優やって最近では歌もまた始めて…今年の初めくらいからは空手にムチャクチャはまってるんですよ! 20代の頃だったら空手やるなんてこと自体、考えられなかった。若いときに失敗もして、学んで、いま、その上に立つ自分なりの強さみたいなものができて…かつ楽しむっていうエネルギーを持ってて。最高じゃないですか(笑)!」

インタビューを通じて、何度も口をついて出たのは「楽しむ」という言葉。強さとしなやかさを併せ持った彼女の姿は、きっと同じ世代の女性たちにとっても憧れ、励みとなるはず。まずは、この映画で、分子についてサラリと語る彼女の姿に注目!
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top