大森南朋「監督と一緒に、人間ドラマをしっかり作った」 『笑う警官』舞台挨拶

最新ニュース

『笑う警官』舞台挨拶(前列左より)出岡美咲、角川春樹監督、大森南朋、佐々木譲、舟山久美子(後列左より)矢島健一、野村祐人、忍成修吾、蛍雪次朗、伊藤明賢、村田莉
  • 『笑う警官』舞台挨拶(前列左より)出岡美咲、角川春樹監督、大森南朋、佐々木譲、舟山久美子(後列左より)矢島健一、野村祐人、忍成修吾、蛍雪次朗、伊藤明賢、村田莉
  • 『笑う警官』 大森南朋
  • “笑うトップモデル”の3人
  • 警察小説の金字塔、待望の映画化
  • 初の角川組に緊張の面持ち
  • カリスマモデル、舟山久美子
  • 角川監督、美女と並び満面の笑み
  • “勇士”警官を熱演!
累計販売部数100万部を超える、警察小説の金字塔「道警シリーズ」の第1作「笑う警官」を原作に、映画界のカリスマ・角川春樹が12年ぶりにメガホンを取った。9月29日(火)、角川監督を筆頭に、主演の大森南朋に忍成修吾、蛍雪次朗、野村祐人、伊藤明賢、矢島健一ら“警察”一派と原作者の佐々木譲が一堂に会して、映画『笑う警官』の舞台挨拶が行われた。

本作は、北海道警察で実際に起きた組織ぐるみの事件を題材に、刑事たちの間で繰り広げられる攻防戦を描く。角川監督は、「今回は、犯人を追うのも追われるのも警官。ひとりひとりの警官が警察という組織の冷酷さや非情さ、傲慢さに挑んでいきます」と作品を説明。エンターテイメント性にこだわったという作品の出来について、「原作のベストセラーとホイットニー・ヒューストンによる主題歌、そして映画の三位一体が久しぶりに実現した。150万人動員できなければ、映画は辞めようと思ってます」との宣言をした。

そんな監督とのコラボレーションに、大森さんは「僕らの世代は角川映画を観て育ってきたので、ご一緒できて夢が叶ったような気分です。(監督が)スクリーンの向こう側に行ってしまったというか、まだ行ってないんですけど…(笑)」と冗談交じりに喜びを語った。今回大森さんが演じるのは、同僚の無実を晴らすため奔走する警官・佐伯。「監督と一緒に、人間ドラマをしっかり作ってきたので見てもらいたい」と見どころを語った。

その後も、キャスト陣からは角川監督との仕事についてコメントが続出。初タッグとなる忍成さんは、「角川監督というのを聞いた瞬間から緊張しっぱなしでしたが、本当にいい経験をさせていただきました。自分がここにいるのが信じられません」と監督の横で緊張した面持ちで語った。

撮影現場については、蛍さんが「監督はよく『TVじゃなくて映画なんだから!』というダメ出しを何度もしていた」と明かせば、「役者としていろんなチャレンジをしなければならなかった」(野村さん)、「角川監督にだいぶ怒られ、苦労しましたが、いい勉強になった」(伊藤さん)と、監督のストイックな指揮ぶりをうかがわせた。一方で、矢島さんは「監督はとてもチャーミングで、見ているとニコニコしてしまう、愛すべきキャラクター」とにこやかな笑顔を見せた。

そして、原作者の佐々木さんは完成作の感想を尋ねられ、「悔しい! という思いになりました。本当の道警にはこんなにかっこいい刑事はいないぞと、そんな思いでありますが、決して荒唐無稽な話ではないということを踏まえて観ていただきたい」と太鼓判を押した。

最後には、本作のために結成された応援ユニット“笑うトップモデル”が登場し、男性一色の舞台挨拶に華を添えた。この“笑うトップモデル”の代表するのは、10代、20代から圧倒的な支持を集める「Popteen」のカリスマモデル、船山久美子。初めての経験に少々ぎこちなさを感じさせながら「ハラハラドキドキのスリル満点の映画です。みなさん『笑う警官』をぜひ観てください」と映画をアピールした。一方、美女の応援にご満悦の角川監督。男性陣には厳しい監督のようだが、「女性のことは怒りませんから、男は別です」とニンマリと頬をゆるめた。

『笑う警官』は11月14日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top