中村玉緒、ヴィクトリア女王の衣裳で勝新太郎との結婚生活に思いを馳せる

最新ニュース

『ヴィクトリア女王 世紀の愛』試写会
  • 『ヴィクトリア女王 世紀の愛』試写会
イギリスを“太陽の沈まぬ国”と呼ばれる最強の国家へと押し上げたヴィクトリア女王の姿を描いた『ヴィクトリア女王 世紀の愛』がまもなく公開。これを記念して12月21日(月)、本作の特別試写会が開催された。上映前には、スペシャルゲストとして、劇中で実際に使用されたヴィクトリア女王のドレスを身にまとった中村玉緒が登場し、トークショーを行った。

映画では、女王が愛するアルバートと二人三脚で歩んでいく姿が描かれている。玉緒さんもまた、夫の故・勝新太郎さんと共に二人三脚で芸能界を長年、渡り歩いてきたということで今回のゲストとして白羽の矢が立てられた。

鮮やかな黄色いドレスをまとい、アルバートに見立てた長身の外国人モデルの男性にエスコートされて姿を現した玉緒さんはご機嫌。「転んで破ったらエライことですから、ここまで良く歩けたと思います(笑)。少し寸法を上げてもらいましたが、横のところ(ウエスト部分)は同じだったんですよ!」と語ると会場からは拍手が。大胆に肩を出したスタイルに「ここまで出したのは何年かぶりですね。衣裳のお陰で、言葉までが大阪弁から江戸弁になるような気持ちです」と笑顔を見せた。

「私は庶民ですが」と前置きし、玉緒さんは自身とヴィクトリア女王にいくつかの共通点があると明かした。「まず、明るくて気が強い! それから、ご主人が亡くなった後、ずっと主人の物を自分のそばに置いておく、というところも同じですね」と勝さんとの結婚生活に思いを馳せた。さらに「世間では、私はかげながら(勝さんを)支えていたという印象があるかもしれませんが、実際の家の中では、この映画と同じでパパさん(勝さん)が私のことを気遣い、うまく手のひらで私を転がしていたのかもしれませんね」とも。

そして夫婦の危機を乗り越える秘訣、という質問に玉緒さんは、劇中で描かれる暗殺事件を引き合いに、勝さんがかつて起こした大麻事件についてほのめかし「暗殺以上のことがありました(笑)。夫婦ともども、芸能界で生きていけないのではということもありましたが、みなさんのお陰でいまもこうやっている。さんまさんという人に出会えて、バラエティで生きていくという場を得られました」とふり返り、改めて周囲への感謝を口にした。そして「(夫婦の)愛があったからこそでは?」という司会者の言葉に「恥ずかしくて言えませんでしたが」と照れつつ大きくうなずいた。

さらに映画について「本当の愛の言葉、それからすごいベッドシーンも出てきます! 王室でもこんなに? ここまで見せていいのか? というくらいです(笑)。あんなベッドシーン、してみたかったですね」と本音を漏らし会場の笑いを誘った。

この日、玉緒さんが着ていた衣裳を含め、多彩な衣裳や小物、インテリアなどにも注目! 『ヴィクトリア女王 世紀の愛』は12月26日(土)よりBunkamuraル・シネマ、TOHOシネマズシャンテほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top