ハマちゃん&スーさん、前代未聞のカーテンコールと投げキッスでお別れ

最新ニュース

『釣りバカ日誌20 ファイナル』初日舞台挨拶
  • 『釣りバカ日誌20 ファイナル』初日舞台挨拶
  • 『釣りバカ日誌20 ファイナル』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『釣りバカ日誌20 ファイナル』初日舞台挨拶
  • 『釣りバカ日誌20 ファイナル』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『釣りバカ日誌20 ファイナル』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『釣りバカ日誌20 ファイナル』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『釣りバカ日誌20 ファイナル』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『釣りバカ日誌20 ファイナル』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
西田敏行、三國連太郎が12月26日(土)、東京・丸の内ピカデリー1で行われた、主演を務める国民的人気シリーズ最終作『釣りバカ日誌20 ファイナル』の初日舞台挨拶で異例のカーテンコールに立ち号泣。投げキッスと「愛してるよー!」のメッセージをファンに贈った。

同シリーズレギュラーの浅田美代子、今作キャストの吹石一恵、塚本高史、朝原雄三監督と舞台挨拶を終えて退場したが、客席から沸き起こった「ハーマーちゃん!」「スーさん!」の大コールを受けて2人で再登場。西田さんは「映画の舞台挨拶でカーテンコールが掛かるなんて前代未聞。みんな、愛しているよー」と大粒の涙。三國さんも涙を拭いつつ「これからも映画を愛してやってください」と呼びかけ。2度目の退場時にも止まない声援に西田さんは投げキッスを3回贈り、満面の笑顔で応えた。

挨拶を終えた西田さんは「今日は泣くまいと思ったのですが、三國さんの横顔を見ていたら感極まりました」とポツリ。今後も1〜2年に1回ぐらいは? と続編に関する取材陣の問いに「どうなんでしょう? 今回の作品をたくさんのお客様に観ていただき、たくさんの声が上に『釣りバカ』と届けば立ち上がらないわけにはまいりますまい、と思うかもしれませんが、いま、予定はありませんね」と飄々と語ってみせた。

同シリーズは、作・やまさき十三、画・北見けんいちによる同名漫画を原作に、一流会社「鈴木建設」の会長のスーさんこと鈴木一之助(三國さん)と同社の平社員で釣りの名人、ハマちゃんこと浜崎伝助(西田さん)の珍道中と様々な人々との交流を描く物語。1988年公開の第1作から、スペシャル版を含め今回の『ファイナル』まで全22作で終止符を打つ。『ファイナル』では、不況下で大型受注に成功したご褒美の釣り休暇でスーさんと北海道を訪れたハマちゃんが、スーさんの親友の孫娘(吹石さん)と同棲中の牧場の跡取り息子(塚本さん)のためにひと肌脱ぐ物語。

ハマちゃんの愛妻役を演じてきた浅田さんは「涙がこみ上げて、ちゃんと舞台挨拶ができませんでした」と照れ笑い。塚本さんは「いつも緊張しないのに今日は緊張してしまって…1作目から観られている人たちも来ていたわけで、ホームのようでアウェイだった。でも、そういう人たちにも僕の演技を観てもらえた。役者になってよかった」と感激をかみしめ、吹石さんは「こんな舞台挨拶は初めてで鳥肌が立ちました。ドラマも好きですが映画はカメラの向こうにこんなに温かいお客さんがいる。いいですね」としみじみ話していた。

『釣りバカ日誌20 ファイナル』は全国にて公開中。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top