長身美人シン・ミナ 熱烈メッセージと美脚2変化で“真!韓国映画祭”PR

最新ニュース

『今、このままがいい』シン・ミナ舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今、このままがいい』シン・ミナ舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今、このままがいい』シン・ミナ舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今、このままがいい』シン・ミナ舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今、このままがいい』シン・ミナ舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今、このままがいい』シン・ミナ舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今、このままがいい』シン・ミナ舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今、このままがいい』シン・ミナ舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『今、このままがいい』シン・ミナ舞台挨拶 photo:Yoko Saito
韓国人女優、シン・ミナが2月21日(火)、東京・スペースFS汐留で行われた「真!韓国映画祭」に出品されている主演映画『今、このままがいい』試写会で舞台挨拶に立ち、韓国インディペンデント映画を熱烈PRした。

同作は対照的な性格の異父姉妹が、妹(ミナ)の父親を探す旅を通じ心を通わせていく姿を描くロードムービー。女流監督プ・ジヨンが長編デビューを飾っている。

同日朝、来日したミナは「韓国映画と言えば、予算の大きい派手な大作か韓流スターが主演の作品ばかり紹介されることが多く残念です。日本もそうだと思いますが、小さい作品にもいいものがたくさんあり、今回のように紹介されることになって良かった! 関心を持ってもらいたいです。この作品は韓国ではあまりたくさんの人に観られていませんが、観た方はきっと深い感動を覚える作品です」と熱のこもったメッセージ。

身長1メートル68、体重46キロの抜群のプロポーションを誇り、モデルとして現在Calvin Klein Jeansの広報キャラクターも務めるミナはこの日、舞台挨拶で淡い緑の膝上20センチほどのワンピース、囲み取材時には真っ赤なショートジャケットに黒のショートパンツ姿と2変化。いずれも個性的なデザインのハイヒール靴を履きこなしたスーパー美脚で観客と取材陣を悩殺。ファッションについては「今日の靴はミュウミュウです。服はいつもシンプルなものをと心がけています」と明かした。

2001年にファッション雑誌の専属モデルとしてデビューし、女優業にも進出。『火山高』などで日本を始め、国境を越えた人気を獲得してきたキャリアを築き現在、26歳。「若い頃にデビューしましたが、最近やっと認められてきたと思う。これから女優としての欲求がもっと広がっていくと思うので、新しい私をお見せしていきたい」と抱負を語った。

一方、同日発表された第60回ベルリン国際映画祭の受賞結果でコンペティション部門出品作『CATERPILLAR キャタピラー』(若松孝二監督)の主演女優、寺島しのぶが最優秀女優賞を受賞したが、取材陣から寺島さんを知っている? と聞かれ「ごめんなさい、わかりません」と恐縮しきりで答える一幕もあった。

同映画祭は、ローバジェットながら斬新で作家性豊かな良作を多数輩出する韓国映画の新潮流を紹介する狙いで今年からスタート。韓国の映画会社キノアイ、名古屋のミニシアター、シネマスコーレ、名古屋発の映画祭シネマコリアが配給委員会を結成し主催している。ミナの同作は出品作全4作のうちの1本。

「真!韓国映画祭」は2月27日(土)よりポレポレ東中野ほか全国にて順次開催。



「真!韓国映画祭」公式サイト
http://cinemakorea.org/rkcf/
《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top