【シネマモード】賢いエマのファッションは断然エシカル!

最新ニュース

「People Tree, Love from Emma」 -(C)Cantata, L.P.
  • 「People Tree, Love from Emma」 -(C)Cantata, L.P.
  • サフィア・ミニー -(C) People Tree
  • 「People Tree, Love from Emma」 -(C) Cantata, L.P.
  • 「世界フェアトレード・デー」
  • 「People Tree, Love from Emma」 -(C) Cantata, L.P.
  • 「People Tree, Love from Emma」 -(C) Cantata, L.P.
  • 「People Tree, Love from Emma」 -(C) Cantata, L.P.
若手セレブの中でも、一目置かれた存在の英国女優エマ・ワトソン。『ハリー・ポッター』シリーズのヒロインとして、圧倒的な世界的知名度を誇り、昨年は、米国の名門ブラウン大学に進学し、その才媛ぶりも話題に。かわいい子役から美しく知的な女優への華麗なる変身ぶりもお見事で、バーバリーの2009 A/Wコレクションではイメージキャラクターも務めています。プライベートでのキュートなファッションも注目される彼女は、ファッションにも関心が高いよう。とはいえ、ほかの派手目な同世代セレブのように高級すぎるブランド品を取っ替え引っ替え…というタイプではありません。それはこの話題からもよく分かります。実は彼女、「ピープル・ツリー」(http://www.peopletree.co.jp/)と一緒に、2010年のS/Sコラボレーション・コレクション「People Tree, Love from Emma」(http://www.ptyouth.net/)を発表したのです。

ピープル・ツリーは、人と地球に優しい貿易=フェアトレードを行う会社、フェアトレードカンパニーのファッションブランド。アジア、アフリカ、南米の15か国、50の団体が手作りで生産した自然素材を生かした衣料品、アクセサリー、食品、雑貨などを扱っていて、公正な価格の支払い、デザイン&技術研修の支援、継続的な注文を通じて、環境にも人にも優しい持続可能な生産、持続可能な社会を支えています。ファッションを通して、社会を変えたいという設立者サフィア・ミニーさんの考えに賛同している消費者、デザイナーは多数。これまでにも、多くの世界的デザイナーとコラボレーションを行ってきました。そして今シーズン、津森千里、三原康裕、ボラ・アクス、ジェシカ・オグデン、カレン・ニコルらが参加した2010 S/Sのデザイナー・コレクションと並び、目玉となっているのがエマのコレクション。ほぼ1年、多忙な日々の中で、数百時間に及ぶミーティングを重ね、“着心地の良さはもちろん、着ていて気持ちが良い服(人も環境も傷つけない服)”を作るために、エマ自身がありったけの情熱と使命感を注ぎ込んだのです。

きっかけはエマからピープル・ツリーへのアプローチ。フェアトレードとオーガニック・ファッションに強い関心があったものの、自分の世代(エマは現在19歳!)に向けた衣料品がないことにがっかりしていたと言います。
「着ることで世界がより良くなったり、何かの役に立つ、そんな選択肢を提示したかったのです。ファッションで、自分に自信を持てるだけでなく、同時に誰かの人生も変えることができる——これは本当に素晴らしいことだと思っています」とエマ。「これは、エマ・ワトソンのラインではないし、セレブによる宣伝でもありません。私たちの世代に向けたフェアトレード・ファッションというアイディアを自分も応援したかったんです」。

このラインは、買うだけで、着るだけで誰かの暮らしを支援できるのだという事実、実はファッションには「毒」も含まれているのだという現実、フェアトレードの必要性を、若い世代に知らせるという重要な役割も担っています。ファッションには貧しい人々からの搾取によって成り立っているものがあること、多くのコットンは有害な薬品を使って育てられていることも、あまり知られていません。コットン栽培に使われることの多いある農薬は、皮膚から吸収されると1滴で大人を死に至らしめると報告されました。ピープル・ツリーでは、コットンをオーガニック栽培するインドの農家から適正な価格で購入しています。こんなところも、エマがピープル・ツリーを選んだ理由というわけ。
「見た目もかっこよくて、カラフルで、着心地が良くて夏にぴったり。夏のワードローブに欲しいアイテムがすべて揃っています。体に悪い化学薬品を使っていないので、環境を破壊したり、つくる人が病気になるようなこともありません。それにフェアトレードだから、貧困に苦しむ人たちの暮らしが良くなるよう、積極的に支援していることになります。着ていて気持ちがいいし、おしゃれをしながら誰かの暮らしを変えていると思うと、さらにいい気分になれますよね」。さすが、賢い女は違いますね。

「私は環境やそこに暮らす人々を傷つける服を身につけたくはありません。ハイ・ストリートで売られている服の、どれが良くてどれが良くないのかを知ることはとても難しく、若者が着ることができるファッショナブルでエシカル(倫理的)な服を探すのもひと苦労です。だから私はピープル・ツリーといっしょに、エシカルでデザイン性も優れたコレクションを作ろうと思ったのです。(中略)今日でも、世界で生産されるコットンのわずか1%のみがフェアトレードでオーガニックだという事実は衝撃的です」。

エマが語っているように、フェアトレードは、単に公正な価格を支払うというだけではありません。世界の辺境に置かれた人々が貧困を抜け出し、環境を守ることを手助けする、全く新しいビジネスのあり方です。そんなスタイルに賛同したなら、ぜひピープル・ツリーのサイトをのぞいてみて。

最後に、エマからのメッセージを。
「フェアトレードを支えてくれるあなたへ、ありがとう」。



「People Tree, Love from Emma」
直営店(自由が丘店、表参道店、モザイク銀座阪急店)、通販(カタログとオンライン)にて販売中。
・高島屋新宿店 3月10日(水)〜23日(火)
・高島屋横浜店 3月17日(水)〜23日(火)
・高島屋大阪店 3月17日(水)〜30日(火)
※高島屋オンラインでも販売予定。

「People Tree, Love from Emma」関連イベント
・ピープル・ツリー代表 サフィア・ミニーによるトークイベント
「School of Fair Trade - 若者が発信するフェアトレード・ファッション」
3月13日(土)15:00〜 @新宿タカシマヤ2F ウェルカムゾーン

・ワークショップ「サフィアとエマのSchool of Fair Trade - 若者が発信するフェアトレード・ファッション」
3月12日(金)19:00〜20:30 @ピープル・ツリー 自由が丘店
3月13日(土)19:00〜20:30 @ピープル・ツリー 表参道店

・「世界フェアトレード・デー」
5月8日(土)、年間最大のフェアトレードイベント「世界フェアトレード・デー」を開催。ファッション・ショーなどを通して、エマとの取り組みについて発信される予定。
特設サイト:http://www.wftday.org/

「ピープル・ツリー」
http://www.peopletree.co.jp/

© People Tree
© Cantata, L.P.
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top