成海璃子 重要シーン撮影前日の号泣裏話を語る「できねぇー、でもやるしかねぇー」

最新ニュース

『武士道シックスティーン』ヒット祈願イベント  photo:Yoko Saito
  • 『武士道シックスティーン』ヒット祈願イベント  photo:Yoko Saito
  • 『武士道シックスティーン』ヒット祈願イベント  photo:Yoko Saito
  • 『武士道シックスティーン』ヒット祈願イベント  photo:Yoko Saito
  • 『武士道シックスティーン』ヒット祈願イベント  photo:Yoko Saito
  • 『武士道シックスティーン』ヒット祈願イベント  photo:Yoko Saito
成海璃子が4月21日(水)、東京・花園神社で主演映画『武士道シックスティーン』のヒット祈願イベントを同作のメガホンを取った古厩智之監督と行い、撮影中の“号泣エピソード”について語った。

剣道のエリート少女(成海さん)と剣道は楽しむものと考えるお気楽少女(北乃きい)がぶつかり合いながらも成長していく姿を描く青春ドラマ。

撮影をふり返った古厩監督が「クライマックスシーンの前日、璃子ちゃんは最後の稽古に道場へ行き、僕が後から行ったら外でうずくまり『できない』と言い、泣いていた。翌日は、試合で勝つシーンの撮影で、2か月しか練習していなかったし、どだい無理な話。でもやらなきゃ映画にならない。その重圧をしょっちゃった。でも最後、立ち上がって稽古場に戻ってきたんです」と奮闘記を披露。成海さんは「『できねぇー』ってなってたんですけど…『やるしかねぇー』って思った。気合いでしたね、最後は」と照れくさそうな笑顔を浮かべた。

2人は今回が初仕事。古厩監督は「すごく面白かった。演技派だし可愛いし、繊細な女優さん、と思っていたけど会ったら骨太で不器用で昔の女優さんみたい。裸で芯にある自分をゴロっと転がしてくるところがある。とても勇気のいること。そこがよかった」と大絶賛。成海さんは「ありがとうございます。私もすごく楽しかった。結構きつかったけど、役がすごく大好きだったので、きつくても楽しかった」と達成感にあふれた笑顔。役のどこが好き? と司会者から聞かれ「まったく天才じゃないところがいいなと。だからこの役をやりたいと思った」とひたむきな姿勢をにじませていた。

『武士道シックスティーン』は4月24日(土)よりテアトル新宿ほか全国にて公開。

(photo/text:Yoko Saito)
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top