杉本彩 玉置&青田は「結婚する必要はないんじゃない?」

最新ニュース

『パリより愛をこめて』イベント  photo:Yoko Saito
  • 『パリより愛をこめて』イベント  photo:Yoko Saito
  • 『パリより愛をこめて』イベント  photo:Yoko Saito
  • 『パリより愛をこめて』イベント  photo:Yoko Saito
  • 『パリより愛をこめて』イベント  photo:Yoko Saito
  • 『パリより愛をこめて』イベント  photo:Yoko Saito
  • 『パリより愛をこめて』イベント  photo:Yoko Saito
女優の杉本彩が5月12日(水)、東京・シネマート六本木で行われた映画『パリより愛をこめて』のイベントで、「安全地帯」のボーカル、玉置浩二とタレントの青田典子の熱愛に言及した。

自身は2003年、35歳のときに離婚を経験しており「私の辞書には“結婚”の文字はない。心と心が通じていれば、わざわざ世の中のシステムに乗る必要はない。結婚はひと言でいうと、ウザイ」とキッパリ。交際宣言した玉置ら2人の話題を振られると「結婚するんですか? ビックリしましたけど…でも心と心が通じ合っていれば、結婚する必要はないんじゃないかしら、フフフ」と感想。

女優の石原真理との事実婚を含めて4度の“離婚歴”がある玉置さんには「私は1度で学習しました。同じ失敗は繰り返しません。でも何度もしないと納得しない人もいるんでしょう」とチクリ。自身については「今年42になりますが、人生7年周期なんです。離婚が35のとき。だから今年は何か新しい仕事に挑戦できるんじゃないかとワクワクしております」と話し、私生活でも「ハッピーでございます」と妖艶な笑顔を見せた。

この日のイベントでは、ゲームで本作を体で表現する指令を受け、台の上でセクシーポーズをキメた。とはいえ、横たわって軽く体をくねらせただけのポーズで「TVで放送できないと申し訳ないので控えめにやらせていただきました。ちょっとやり足りないですね。続きは今夜? そうですね」とあけすけなしゃべりで、取材陣を笑わせていた。

『パリより愛をこめて』は5月15日(土)より丸の内ピカデリーほか全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top