柳沢慎吾 史上最大1万8,000人参加アフレコ指揮で「あばよ!」

最新ニュース

『TSUNAMI-ツナミ-』アフレコ取材 photo:Yoko Saito
  • 『TSUNAMI-ツナミ-』アフレコ取材 photo:Yoko Saito
  • 『TSUNAMI-ツナミ-』アフレコ取材 photo:Yoko Saito
  • 『TSUNAMI-ツナミ-』アフレコ取材 photo:Yoko Saito
  • 『TSUNAMI-ツナミ-』アフレコ取材 photo:Yoko Saito
  • 『TSUNAMI-ツナミ-』アフレコ取材 photo:Yoko Saito
  • 『TSUNAMI-ツナミ-』アフレコ取材 photo:Yoko Saito
  • 『TSUNAMI-ツナミ-』アフレコ取材 photo:Yoko Saito
  • 『TSUNAMI-ツナミ-』アフレコ取材 photo:Yoko Saito
韓国パニック映画『TSUNAMI-ツナミ-』<超>日本語吹替版で、ギネス認定を目指す「史上最大のアフレコ収録」が8月29日(日)、横浜市の日産スタジアムで行われ、俳優の柳沢慎吾とJリーグファン約1,8000人が参加した。

本作は、毎年夏に100万人以上を集める韓国の代表的リゾート地、ヘウンデに観測史上、例を見ない“メガ津波”が襲来する恐怖と、パニック下で繰り広げられる人間模様を描くディザスタームービー。この日は、時速800キロメートル、高さ100メートルの“メガ津波”が数万人が憩う街に襲いかかるクライマックスシーン約1分間のアフレコ収録。柳沢さんは、“どんな喧騒にも負けない日本一の喧しい男”として大観衆の指揮官役に抜擢された。

収録は午後5時50分過ぎにスタート。柳沢さんが、得意の持ちネタ「ひとり警視庁24時」の台詞を述べ、「ウ〜ウ〜」と“サイレンを鳴らし”ながら登場すると、横浜FマリノスVSアルビレックス新潟の試合の観戦に集まったファン1万8,152人(同日午後5時集計)から大歓声がわき起こった。「あまり長く叫ばないで短めを繰り返す感じで」と指示し、「みんな、ヨロシク! 一発勝負だから」と気合を入れて本番に突入。大型ビジョンに“メガ津波”襲来シーンが流され、柳沢さんが指揮者のように大きく腕を振ってファンをあおると、「わー!」、「津波だぁー」、「逃げろー!」などの絶叫、悲鳴がスタジアム内に大きくこだました。約1分間の“スタジアムパニック”をマイク5本が拾った。

ぶっつけ本番と感じさせない、熱の入ったパニック演技ぶりと収録前後の「慎吾〜!」、「あばよー!」の大声援に柳沢さんは「とってもいい夢、見させてもらったよ」とゴキゲン。「また逢う日まで、あばよ!」とリクエストに応え、持ちネタのキメ文句を叫び、スタジアムを後にした。

終了後も吹き出す汗を拭いながら「シーンとしたらどうしよう? と思ったけど、ノープラモデル(プロブレム)だったね。温かみを感じたよ。サイコーだね、またやりたい」とテンションは上がる一方。「警察無線で入っていって『あばよ!』で去っていく。まだまだ使えるね。飽きられてもやるから。これからも48歳、突っ走ります!」と愛嬌タップリにサムアップポーズをキメていた。

配給元によると、発表している通り、「アフレコに同時に参加した最大人数1万8,152人」をこの日のアフレコ収録模様を収録した映像とともに、英国ギネス・ワールド・レコーズ社に近日中に申請。ギネス世界記録認定を待つという。

『TSUNAMI−ツナミ—』は9月25日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top