芦名星、真っ赤なボンデージ姿も「下着は着けてます!」

最新ニュース

『KING GAME キングゲーム』初日舞台挨拶 -(C) 哀川和彦
  • 『KING GAME キングゲーム』初日舞台挨拶 -(C) 哀川和彦
  • 『KING GAME キングゲーム』初日舞台挨拶 -(C) 哀川和彦
「まじかるタルるートくん」、「東京大学物語」で知られる人気漫画家・江川達也が原案と監督を務めた映画『KING GAME キングゲーム』が8月28日(土)、公開を迎え新宿K's cinemaにて、江川さんをはじめ主演の石田卓也に芦名星、川村ゆきえが舞台挨拶を行った。

監禁状態の密室の中で繰り広げられる“KING GAME”、すなわち王様ゲームを通じて、人間の心に潜む欲望や暴力による支配願望をあぶり出していく本作。主人公のスズを演じた石田さんは「王様ゲームをした経験は?」という問いに「王様ゲームをやったのはこの映画が初めてで、その後もやったことがない」と回答。すると監督が横から「今度、誘ってやろうか?」とニヤリ。“白兎”役の川村さんも「やったことなかったけど、この映画の打ち上げでやって盛り上がった」と明かすと、これまた監督が横から口を挟み「あのときは嬉しかった!」と嬉しそう。

一方、芦名さんに関しては公開前から劇中の真っ赤なボンデージ姿が大きな話題となっていたが、この日は舞台上にボンデージスーツのマネキンが登場。自らデザインしたという江川さんは「かなりテンションが上がりノリノリで撮影しました」と語ったが、当の芦名さんは「普段は着ることがないので…」と照れくさそう。これにすかさず江川さんが「普通ないっすよ! ボンデージは男の夢(笑)。芦名さんはイメージ以上にスタイルが良くて、ほめ言葉か分かんないけど、ボンデージが似合う女ですね。下着を着けると(ラインが)出ちゃうので、着けてないんじゃなかったかな?」と、この場でもノリノリで裏事情を明かしてくれたが、芦名さんは「下着は着けてます!」と即否定。これには江川さん、「着けてたの? あれぇ…着けてたんだ、なんだ」とガックリ。会場は笑いに包まれた。

最後に江川さんは王様ゲームについて「昔、ポーランドでは王さま同士が選挙で(王を)決めていたし、日本でも足利義教(室町幕府第6代将軍)はクジで決まった将軍で、まさに“王様ゲーム”に近かった。だから、民主党の代表選挙もクジでやった方がいいんじゃないかな?」と時事ネタを取り込み風刺を利かせ、会場の笑いを誘った。

『KING GAME キングゲーム』は新宿K’s cinemaにて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top