市原隼人 初共演の川島海荷は「透き通ったかわいらしい純粋な感じ」

最新ニュース

『ガフールの伝説 3D』アフレコ photo:Yoko Saito
  • 『ガフールの伝説 3D』アフレコ photo:Yoko Saito
  • 『ガフールの伝説 3D』アフレコ photo:Yoko Saito
  • 『ガフールの伝説 3D』アフレコ photo:Yoko Saito
3Dアニメーション映画『ガフールの伝説』(ザック・スナイダー監督)日本語吹き替え版のアフレコ収録が8月31日(火)、東京・新宿のスタジオで行われ、声優初挑戦の市原隼人と2度目の川島海荷が出席した。

人間が消滅し高度な知性を持ったフクロウが生きる世界を舞台に、悪の力でフクロウ王国を支配しようとする“純血団”と、正義を守るフクロウたちの戦いを描くファンタジー・アドベンチャー。

正義のフクロウたちのリーダー・ソーレンを演じる市原さんは、スタジオに入るなり「うっす! よろしくお願いします!」と大きな声を出し、台詞を何度も声に出してみるなど気合を入れ、「家族思いの温かい声が出れば。勇気や希望、夢、愛が(声に)出ればいい」と抱負。初アフレコに「表現の仕方が違って全部声に込めるけど、表現は一緒。熱を持ってやっていきたい」と気合を全開に。

アフレコは2度目という川島さんは、頭脳明晰なソーレンのよきパートナーとなるメスフクロウ・ジルフィー役。「フクロウにもちゃんと表情があるので、声に表情をつけて頑張りたい。しっかり者で芯を持っている役なので、そこを出したい。普段はジルフィーほどしっかりしていませんが…」と語った。

一方、今作で2人は初共演。川島さんについて市原さんは「いま、会ったばっかりですが、イメージ通り、透き通ったかわいらしい純粋な感じ」と言って、照れ笑い。川島さんも「イメージ通り、結構ラフな方なんだなと。初めてお会いしましたが、前にも会ったことがあるような感じがする。よろしくお願いします!」とお辞儀。互いに好印象を抱いた様子だった。

『ガフールの伝説』は10月1日(金)より全国にて公開。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top