吉瀬美智子「毛穴が分かる顔アップ」に困惑

最新ニュース

『死刑台のエレベーター』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『死刑台のエレベーター』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『死刑台のエレベーター』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『死刑台のエレベーター』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『死刑台のエレベーター』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『死刑台のエレベーター』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『死刑台のエレベーター』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
映画『死刑台のエレベーター』(緒方明監督)の初日舞台挨拶が10月9日(土)、東京・新宿区の角川シネマ新宿で行われ、W主演の吉瀬美智子、阿部寛、共演の玉山鉄二、北川景子が出席した。

1957年にジャンヌ・モロー主演でルイ・マル監督が発表したフランス映画の同名傑作サスペンスのリメイクで、夫を自殺と見せかけて殺す完全犯罪を実行した女(吉瀬さん)と愛人の男(阿部さん)の破滅を描く物語。

オリジナルに忠実に撮ったという最初と最後の顔のアップシーンをふり返り、吉瀬さんは「あんなに顔が大きく映っているとは知らず、ラストは毛穴が分かる寄りなので女優としては、ちょっと…。冒頭では『愛している』って言うんですけど、普段言わない台詞なので、監督に『どう言ったらいいんですか?』って聞きました」と困惑気味。

阿部さんも「最初『愛している!』ってやってしまったら暑苦しかったらしく、監督に『普通でいい』と言われました」と苦笑い。緒方監督は、「クールに言ってほしかったので『あまり気持ちを込めないで』とお願いしました。だって美男美女が最初から『愛しているわ!!』って言ったら、観客が引くと思ったので」と演出意図を解説した。

さらに、吉瀬さんらの犯罪に絡む若いカップルの女を演じた北川さんは、劇中の吐くシーンについて「メイクさんとどうやったらリアルになるか? 小麦粉なのか? 溶かしたアメなのか相談しました」。緒方監督から「実際は長回しで大胆に大量にゲロを吐いている。でもそういう映画じゃないので使ったのは最後の方だけ。過酷じゃなかったよね?」と心配そうに聞かれると「過酷じゃなかったです、楽しかったです」と笑顔を見せていた。

『死刑台のエレベーター』は角川シネマ新宿ほか全国にて公開中。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top