サプライズ帰国の浅野忠信 美波から贈られた汗かきワイン「酸っぱかった」

最新ニュース

『乱暴と待機』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『乱暴と待機』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『乱暴と待機』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『乱暴と待機』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『乱暴と待機』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『乱暴と待機』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『乱暴と待機』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
映画『乱暴と待機』(冨永昌敬監督)の初日舞台挨拶が10月9日(土)、東京・新宿区のテアトル新宿で行われ、主演の浅野忠信がサプライズでアメリカから駆け付けた。

次回作の外国映画を海外数か所で撮影中だったが、数日前に急遽、この初日舞台挨拶の出席を決めてアメリカから帰国した。浅野さんが登場すると、先に登壇し、知らされていなかった小池栄子は「ソックリさんかと思った」、山田孝之は「嬉しいです」、美波は「いついらしたんですか?」と素でビックリ。観客は大喜びで「キャー!」と悲鳴が飛び交った。

本作は、映画『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』などで知られる劇作家で作家の本谷有希子による同名舞台の実写化で、平屋建ての住宅を舞台に、2組の男女の愛憎と奇妙に絡み合っていく人間模様を描く人間ドラマ。

監督が「全員、1回はみっともないシーンがある」と公言してきたことにちなみ、キャスト陣がこれまでにあった自身のみっともないエピソードを披露。美波さんは「浅野さん、撮影中にお誕生日だったのでワインをプレゼントしたんですけど、車の中に置いておいたら暑い日だったのでワインが汗をかいていた。あれ飲みました? 大丈夫だったんですか?」と恐る恐る質問。浅野さんは「飲みました。僕、お酒弱い方でたまにしか飲まないから、ワイン分からないんですけど。酸っぱかったと思います。アツアツでいただきました。汗、ブチュブチュ出ていました」と微妙なワインの味を思い出していた。

『乱暴と待機』はテアトル新宿ほか全国にて公開中。



特集『乱暴と待機』 私、メンドクサイ女?
http://www.cinemacafe.net/ad/ranbou/
《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top