クドカン 『ゲゲゲ』の言葉に「あ、僕じゃない方だ!」

最新ニュース

『ゲゲゲの女房』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ゲゲゲの女房』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ゲゲゲの女房』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
  • 『ゲゲゲの女房』初日舞台挨拶 photo:Yoko Saito
映画『ゲゲゲの女房』の初日舞台挨拶が11月20日(土)、東京・新宿の新宿武蔵野館で行われ、W主演の吹石一恵、宮藤官九郎、鈴木卓爾監督が出席した。

漫画家、水木しげるの妻・布枝さんが綴った自伝エッセイを基に、水木夫妻(宮藤さん、吹石さん)の馴れ初めから貧しい時代を生きていく姿を描く物語で、NHKの朝の連続テレビ小説に続く映像化。

客席から「ふっきー!」の声を浴び、吹石さんは「出産というより、自分の子供が成人するような気持ち」と照れ笑いし、「いままで出演させていただいた中で、一番プロモーションをがんばった映画。100件以上取材を受けました。それだけ注目されていて、またメールをいただいたりするので、みなさん楽しみにしていてくれているんだろうなと思いました」と手応え。“ゲゲゲ”ブームの中で初日を迎えたことに「TVとかから『ゲゲゲ…』って聞こえてくると、ピッと反応しちゃいますね」と笑った。

宮藤さんは「僕はプロモーションがんばっていないので、『ゲゲゲ…』って聞こえてきても、ああ、僕じゃない方だって思っていました」と持ち前の飄々とした調子。「台本を読んでいても、(水木さんが)脈絡なく『ワハハッ』って笑っているんです。でもドキュメンタリーの資料とかを見ると、確かに脈絡なく笑っている。あ、こんな感じでいいのかな? と思いました」と役作りを語った。

一方、本作のテーマのひとつ、信じることについて撮影中の様子を聞かれ、吹石さんは「布枝さんの言葉で『これほど努力しているのだから、世間に認められないまま終わるはずがない。水木さんの背中を信じていた』ってあるんですけど、それは宮藤さんも同じ。宮藤さんの背中を信じていました」。宮藤さんは「じゃ、僕もキレイなことを言いますと…」と照れつつ、「監督を信じていました。指示が的確だったので。でも吹石さんに厳しくて、それに耐えてる吹石さんはすごいなと思った」と“妻”を称えた。

締めで、初日を祝い鬼太郎の着ぐるみが登場し、水木さんの故郷・鳥取県の名産品、らっきょうの甘酢漬けを3人にプレゼント。宮藤さんはパッケージに真剣に見入り「カレーにいいですね。『中村屋』も近いし。持っていったら嫌がられるでしょうけど」とやっぱり飄々と喜んでいた。

『ゲゲゲの女房』はヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国にて公開中。

《photo / text:Yoko Saito》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top