スネオヘアー&ともさかりえ揃って登場! 結婚報道を牽制も「不思議な幸福感」明かす

最新ニュース

『アブラクサスの祭』初日舞台挨拶
  • 『アブラクサスの祭』初日舞台挨拶
  • 『アブラクサスの祭』初日舞台挨拶
  • 『アブラクサスの祭』初日舞台挨拶
  • 『アブラクサスの祭』初日舞台挨拶
  • 『アブラクサスの祭』初日舞台挨拶
  • 『アブラクサスの祭』初日舞台挨拶
ウツ病を抱えた僧侶が音楽をよりどころに、妻や周囲に支えられながら“再生”する姿を描いた『アブラクサスの祭』が12月25日(土)、公開初日を迎え、映画初主演を果たしたミュージシャンのスネオヘアー、僧侶の妻を演じたともさかりえ、共演の村井良大とメガホンをとった加藤直輝監督が東京・テアトル新宿舞台挨拶に登壇した。

本作で夫婦役を演じたスネオヘアーとともさかさんは、今年8月に一部スポーツ紙で結婚報道がなされ、翌月には物語の舞台でもある福島県で「福島こどものみらい映画祭2010」に2人揃って出席した。この日は久しぶりのツーショット実現とあって、多くの報道陣が駆けつけたが、スネオヘアーは開口一番「ともさかさんと結婚するとか、勝手な情報を書かれて、いろんな人に迷惑をかけた」と先手の牽制。一方、ともさかさんは「私はお芝居していて不思議な幸福感に包まれた」とスネオヘアーとの共演を笑顔でふり返った。

福島県三春町在住の現役僧侶で芥川賞作家・玄侑宗久の同名小説を映画化した本作。かつてミュージシャンだった僧侶の浄念(スネオヘアー)は、うつ病と向き合う日々の中で自分の中に「音楽」への執着が残っていることに気付き、ライブ開催を決意。最初は反対していた妻・多恵(ともさかさん)ら周囲の人々の支えを得て、ステージに立つことを目指すが…。撮影は全編、福島で行われ、感動が押し寄せるクライマックスのライヴシーンは大きな見せ場となっている。

スネオヘアーは「お経もあるし、所作もろもろ大変。着物も着慣れないので、気を抜くとすぐに裾の部分がダラダラしてしまった」と僧侶役に悪戦苦闘。ライヴシーンではミュージシャンとして本領発揮のパフォーマンスを披露するが、「舞台裏はいつもと勝手が違って…。準備から撮り終えるのに8時間くらいかかった。僕自身、同じことは二度とできないので、スタッフのみなさんが“場”作りに頑張ってくれた」。加藤監督は「鳥肌が立った。もともと浄念はミュージシャンの方に演じてもらいたかったし、その願いがかなって良かった」と感無量の面持ちだった。

一方、ともさかさんは、スネオヘアーの印象を聞かれ「うーん、どうですかね……どうですか? まぁそんな感じです」と少し照れくさそう。「奥さん(多恵)の心情には計り知れないものがありますが、私はお芝居していて不思議な幸福感に包まれました。表面的にはいろいろ大変そうだけど、あの夫婦だから成立する。そんないとおしい家族の物語になったと思う」とふり返っていた。なお、本作は2011年1月に開催されるサンダンス映画祭の「ワールドシネマ・ドラマティック・コンペティション部門」に正式出品される予定。
『アブラクサスの祭』はテアトル新宿ほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top