森山未來、真冬の撮影にビーサン! サトエリ思わず「ノベンバーやで」とツッコミ

最新ニュース

『その街のこども 劇場版』初日舞台挨拶
  • 『その街のこども 劇場版』初日舞台挨拶
  • 『その街のこども 劇場版』初日舞台挨拶
  • 『その街のこども 劇場版』初日舞台挨拶
  • 『その街のこども 劇場版』初日舞台挨拶
昨年1月17日、阪神・淡路大震災15年特別企画としてNHKで放送された同名ドラマを劇場用に再編集した『その街のこども 劇場版』が1月15日(土)、公開初日を迎え、主演の森山未來、佐藤江梨子、メガホンを取った井上剛監督が東京・恵比寿の東京都写真美術館ホールで舞台挨拶を行った。

震災を子供の頃に体験し、いまは東京で暮らす勇治(森山さん)と美夏(佐藤さん)が、「追悼のつどい」の前日に神戸で偶然知り合い、震災15年目の朝を共に過ごすことに。震災による心の傷に向き合うため参加を決意した美夏に対し、勇治は「出張の途中になんとなく降り立っただけ」と言い張るが…。実際に震災を経験している主演2人の繊細な演技やドキュメンタリータッチの演出、そして若者たちを優しい視線で見つめる渡辺あや(『ジョセと虎と魚たち』)の脚本が大きな反響を呼び、今回、異例の劇場公開が実現した。

森山さんは2008年に「プレミアム10 絆〜被災地に生まれたこころの歌〜」、2009年に「未来は今」とNHKの震災特集に出演しており、俳優として震災と向き合うのは「その街のこども」が3度目。これまで、震災時の記憶や気持ちをどのように表現するべきか模索してきたそうで、「2つの番組があったからこそ、この作品にも関われた。この3年で気持ちが整理できた部分も多い」と思いのたけを客席に届けていた。

一方、佐藤さんは震災直後に引越しをしたが、「未來さんのファンだったので共演したかったんですよ。それに(森山さんの震災特集を)見ていて、一言申したいこともあって」と本作への思い入れは負けていない。「未來さんは冬の現場なのに、ビーチサンダルなんですよ。いま、ノベンバー(11月)やでって(笑)」と思わずツッコミを入れる佐藤さん。ロケ現場のほぼ全域に、森山さんの知り合いや友人が暮らしていたといい「どんだけ友達多いねん。やっぱり地元の人なんだなと思った」と振り返った。

井上監督は現在放送されている連続テレビ小説「てっぱん」も手がけるディレクターで、人生初の舞台挨拶に「なかなか震えるなと…」と緊張しきり。現場は森山さんが「カメラマンが撮りたいときに撮っていた」とふり返る通り、カメラマン主導で「“よーいスタート”も“カット”もない状態」(井上監督)。このドキュメンタリータッチの手法が功を奏し、森山さんや佐藤さんのより自然な演技や表情が引き出された。監督自身は神戸出身ではなく「感覚の違いから葛藤や悩みもあったが、その(自分の)フィルターで撮ったからこそ見えたものがあるはず。みなさんに伝わっていれば嬉しいです」と胸を張った。

『その街のこども 劇場版』は東京都写真美術館ホール、池袋シネマ・ロサほか全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》
今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top