相武紗季、「一日も早い復興を」ニュージーランド大地震の被災者にお見舞い

最新ニュース

『唐山大地震 −想い続けた32年−』アフレコ
  • 『唐山大地震 −想い続けた32年−』アフレコ
  • 『唐山大地震 −想い続けた32年−』アフレコ
  • 『唐山大地震 −想い続けた32年−』アフレコ
  • 『唐山大地震 −想い続けた32年−』アフレコ
  • 『唐山大地震 −想い続けた32年−』アフレコ
20世紀最大の災害と言われる中国・唐山大地震を生き抜くヒロインの半生を壮大なスケールで描く『唐山大地震 −想い続けた32年−』の日本語吹き替え版のアフレコが2月23日(水)、都内のスタジオで行われ、主人公ファン・ドンの声を務める人気女優、相武紗季がマイクに向かった。

1976年に発生し、死者24万人、重傷者16万人という被害を出した唐山大地震。瓦礫の下敷きになったファンは、死体置き場で奇跡的に息を吹き返し、養父母の元で育てられることに。一方、実の母親はファンを思いながらも、娘を見捨てた罪悪感と共に生き続ける…。やがて地震から32年の月日が流れ、生き別れた母娘の運命が動き出す。

相武さんが演じる成長後のファンは、養父母の愛情を受け、前向きに生きる一方、「母親に見捨てられた」というトラウマを抱える複雑な役どころ。相武さんは、子供の頃に阪神大震災を経験しており、「日本は地震の多い国ですし、とても人事とは思えない。自然災害が人生に及ぼす影響を改めて考えさせられた」と神妙な面持ちだ。

実写映画の吹き替えは今回が初挑戦で「声の強弱や張り方が難しい。ファンは淡々としながら、どこか割り切った部分もある女性。それに青春時代から、妻、母親と長い期間を演じたことも貴重な体験になった」。特に義母と死別するシーンには、家族のきずなを感じ、胸を打たれたと話し「アフレコ中は涙をこらえるのが大変で…」とふり返った。

「人とのつながりの大切さを改めて感じましたね。ぜひ大切な人と一緒にご覧ください」と相武さん。くしくも昨日、ニュージーランドで大規模な地震が発生したばかりだが、「被災されたみなさまにお見舞い申し上げます。いまだ発見されていない方々が一刻も早く発見されますこと、そして被災者のみなさまの生活の、一日も早い復興をお祈り申し上げます」と被災者を見舞うコメントを発表した。

本作は中国で、『アバター』『レッドクリフ』のオープニング成績を上回り、中国映画の歴代最高興収記録を樹立。号泣する観客が続出したため、“催涙弾映画”の異名で呼ばれ社会現象を巻き起こし、第83回アカデミー賞外国語映画賞の中国代表作品にも選出された。幼少時代のファンの吹き替えを天才子役の芦田愛菜が担当。相武さんとの涙の“競演”にも注目したい。

映画『唐山大地震 −想い続けた32年−』は3月26日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top