長澤まさみ、天然ボケ告白 小栗旬に現場で「お兄ちゃん!」と呼びかける

最新ニュース

『岳 -ガク-』特別試写会
  • 『岳 -ガク-』特別試写会
  • 『岳 -ガク-』特別試写会
  • 『岳 -ガク-』特別試写会
映画『岳 -ガク-』の特別試写会が4月13日(水)、都内で開催され、主演の小栗旬に長澤まさみ、片山修監督が舞台挨拶に登壇。撮影の様子や互いの思い出にまつわるトークを繰り広げた。

第1回マンガ大賞に輝いた人気漫画を原作に山をこよなく愛する島崎三歩(小栗さん)の優しさ、登山者たちとの交流、山の素晴らしさやその裏にある自然の厳しさを描き出す。

当初、3月下旬に完成披露試写会が開催される予定だったが、東日本大震災の影響で中止となり、ようやくこの日、観客にお披露目となった。小栗さんは「改めてお見せすることができて嬉しいです」と感謝の挨拶。さらに被災地を訪れた高校時代の友人エピソードや、劇中の三歩の「感動した。生きていた君に」というセリフに触れ「ずっと、何か僕らにできることがあれば、という気持ちでした。この映画が前向きな力になるような、観た人が『元気をあげたい』と思えるような作品になれば…」と思いを込めた。

長澤さんは新人の山岳救助隊員を演じるが「この映画を通じて命の尊さ、山の厳しさを感じることができ、成長につながったと思います。(登場人物たちの)一生懸命に前に突き進んでいく姿が素晴らしいです」とアピール。片山監督も「これから立ち上がっていこうとする人たちの力になれば」と真摯に語った。

撮影を前に、小栗さん、長澤さんらキャスト陣と監督は登山の練習のためにいくつもの山に登ったそうだが、小栗さんが最初に登った山でのエピソードを披露。「風速16メートルの吹雪で、登る前は『山頂で写真撮りましょう』とか話してましたが、写真どころじゃない(苦笑)。それでも監督がカメラを出そうとして、手袋を飛ばされまして。みんながロープで繋がっているので、監督が飛ばされた手袋の方に走ると、みんなが引っ張られるんです!」。思わぬ暴露に監督は苦笑いを浮かべていた。

また、小栗さんと長澤さんは映画では8年ぶりの共演となったが、小栗さんは長澤さんについて「まさみちゃんは人見知りなのかな…? (8年前の)15歳のまさみちゃんと20歳の僕はそれなりに仲の良い関係を作れたと思ってたけど、8年の間にまさみちゃんはよそよそしくなって、顔を合わせても目も合わせてくれなくなった。『変わっちまったな、まさみちゃん…』と思ってたら、今回、普通に話すことができたとき、『これは良い映画になる』と思った」と思い出を語った。

この発言には長澤さんも「(8年の間に)映画以外の仕事で、小栗くんと共演の機会は何度かあったんですが、作品ごとに役のせいもあってか印象が違うんです! 『小栗くん、変わっちゃったのかな…』って思ってました」と“反撃”! そして「私にとっては憧れの先輩であり、追い付きたい先輩」と付け加えた。

すると、今度は小栗さんが「まさみちゃんにはお兄さんがいるんですが、現場で一度、『お兄ちゃん』と呼ばれたことがあります」と暴露。長澤さんは恥ずかしそうに「よく間違えるんです。マネージャー(※男性)を『お母さん』と呼んじゃったり…」と明かし、小栗さんは嬉しそうに「おれ、知らないうちに妹ができたんだな」と嬉しそうに語り会場は笑いに包まれた。

『岳 -ガク-』は5月7日(土)より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top