韓国の名優ソル・ギョング、吉高由里子の第一印象は「中学生くらいかな?」

最新ニュース

『Camellia カメリア』舞台挨拶
  • 『Camellia カメリア』舞台挨拶
  • 『Camellia カメリア』舞台挨拶
  • 『Camellia カメリア』舞台挨拶
  • 『Camellia カメリア』舞台挨拶
  • 『Camellia カメリア』舞台挨拶
  • 『Camellia カメリア』舞台挨拶
  • 『Camellia カメリア』舞台挨拶
釜山国際映画祭と釜山市の協力で生まれたオムニバス映画『Camellia カメリア』。そのうちの一篇で日本から参加した行定勲監督による「Kamome」に主演する韓国人俳優のソル・ギョングが来日し、共演の吉高由里子、行定監督と共に10月3日(月)に都内で行われた舞台挨拶に出席した。

釜山国際映画祭に縁の深いタイのウィシット・サーサナティアン、韓国のチャン・ジュナン、そして日本から行定監督が参加し、愛をテーマにそれぞれ釜山の過去、現代、未来を描いた本作。「Kamome」では映画カメラマンの男(ソル・ギョング)と日本人の少女・かもめ(吉高さん)が夜の釜山をさまよう様子が切なくも美しく綴られる。

以前から「日本のみなさんに紹介したい」とソルの来日を熱望していた吉高さん。久々の再会に嬉しそうな笑みを浮かべ「この後、一緒にご飯食べに行くんです」と子供のようにはしゃいでいた。

ソルはそんな吉高さんについて「最初は子供のようで中学生くらいかと思った。でもモニターに現れるのを見たら成熟した女性でびっくりした」とその変身ぶりを絶賛。「現場をかき回してみんなの心をつかんでいました。映画のヒロインのように彼女が姿を消すとスタッフはみんな寂しがってた。掃除機のような凄まじい吸引力を持ってます」と語った。

吉高さんは「大人になるにつれて時計の秒針に押し出されるように、時計に合わせて生きていくようになってしまうものですが、ギョングさんはそんな秒針を持っていない方。お湯に浸かったような気分にさせてもらいました」とソルの魅力を語った。さらに行定監督については「監督も持ってますなぁ(笑)」とオヤジくさい口調でその素晴らしさを語り、会場を笑いに包んだ。行定監督も「何それ? そんな女優いるか?」と困惑した笑みを浮かべていた。

ソルは「行定監督と一緒に仕事ができると聞いてすぐに(出演を)決めました」と語ったが、監督も「同い年とは思えない兄貴的なオーラがある。一見、武骨ですが繊細な解釈をされる方でした。いまでもソル・ギョングが自分の映画の中にいるのが信じられない」と相思相愛ぶりを感じさせた。

『Camellia カメリア』は10月22日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top