満島ひかり、撮影現場で海老蔵と新婚生活について語り合う

最新ニュース

『一命』初日舞台挨拶にて(左から)満島ひかり、瑛太、三池崇史監督
  • 『一命』初日舞台挨拶にて(左から)満島ひかり、瑛太、三池崇史監督
  • 『一命』初日舞台挨拶
  • 『一命』初日舞台挨拶
  • 『一命』初日舞台挨拶
  • 『一命』初日舞台挨拶
  • 『一命』初日舞台挨拶
映画『一命』が10月15日(土)に公開を迎え、三池崇史監督と瑛太、満島ひかりが都内劇場で舞台挨拶に登壇。この日は欠席となった主演の市川海老蔵からは登壇陣に手紙が届けられ、それぞれ“海老蔵談義”に花を咲かせた。

滝口康彦の「一命」(講談社文庫刊)の一篇「異聞浪人記」を原作に、武家屋敷での切腹を申し出たひとりの浪人の姿から、武家社会の不条理や残酷さを描き出す。

海老蔵さんは名古屋での歌舞伎公演のため、残念ながら初日舞台挨拶は欠席となったが、初日に劇場に足を運んだ観客に感謝を伝えると共に、監督、瑛太さん、満島さんそれぞれに宛てた手紙をしたためた。

三池監督は晴れの日の主演不在について「名古屋で暴れて来れないというわけではないんですよね(笑)?」と軽口で客席の笑いを誘う。海老蔵さんからの手紙には「愛と刺激を与えて下さりありがとうございます」とあり、これには「出来過ぎだね。いないくせにいいとこ持ってきますよね」と嬉しそうな笑みがこぼれた。

瑛太さんは「瑛太くんの熱さにはやけどしそうでした。次は敵役とかで競演したいですね」と書かれた手紙を受け取り「嬉しいですね」とニッコリ。現場での海老蔵さんについて「少しずつ距離を縮めるのではなく、いきなり目の前1センチまで来てくれる感じで、この人には全て見せてもいいという“父性”を感じさせた」とふり返った。

海老蔵さん演じる半四郎の娘の美穂を演じた満島さんは艶やかな着物姿で登場。「美穂、本当にふがいない父親で申し訳ない」という“父”の詫び状に「どう取ったらいいんでしょうか(笑)? いろんな意味にとれますね」と困惑した様子を見せた。海老蔵さんとの現場での初対面を「海老蔵さんが半四郎の衣裳のまま自転車に乗って、京の街に繰り出していくところで『初めまして』と挨拶しました」と明かし、「見ていて爽快で、いろんな意味で楽しい方でした。やんちゃなところもありますが、心の中に縮こまって座っている寂しん坊の少年が見えて、人間味のある人だなと思いました」とその魅力を語った。現場では「ちょうど家族を持ったばかりのときで、海老蔵さんもそうだったので一緒にそういう話をしました」と互いに新婚生活について話をしたことも明かした。

本作はフランス、ドイツを始め41か国での公開も決定。三池監督は世界中の観客の目に触れることへの喜びを語ると共に「日本人にしか作れない作品」と胸を張った。

『一命』は全国にて公開中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top