この愛、狂っている? 馬鹿げてる? 『ラブ・アゲイン』三種の予告編到着!

最新ニュース

『ラブ・アゲイン』 -(C) 2011 - Warner Bros.
  • 『ラブ・アゲイン』 -(C) 2011 - Warner Bros.
イケてない40代の中年男が“自己改造計画”で一発、花を咲かせる? ハリウッド随一のコメディ俳優スティーヴ・カレル主演、ライアン・ゴズリングにジュリアン・ムーア、エマ・ストーンら魅力的なキャストで贈るラブコメディ『ラブ・アゲイン』。本作の原題「Crazy,Stupid,Love」にちなんで、3つのバージョンで特別に制作された予告編が公開に先駆けて、シネマカフェに到着した。

主人公は、高校時代から恋人であり長年連れ添った妻・エミリー(ジュリアン・ムーア)から不倫の告白&離婚の申し出を受けてしまう、40代の男・キャル(スティーヴ・カレル)。とあるバーで出会った30代の遊び人・ジェイコブ(ライアン・ゴズリング)の指南を受け、妻への未練を断ち切るべく“モテ男”への変身計画が始まるのだが…。

今回、到着したのはずばり、「Crazy(クレイジー)」、「Stupid(愚か)」、「Love(愛)」の3パターンの予告編。「Crazy(クレイジー)」編では、衝撃的な男女の出会いから正気とは思えない、彼らの明け透けでコミカルなやり取りが描かれ、観る者の笑いを誘う。最後には、ザ・色男のライアン・ゴズリングが見事に鍛え抜かれた肉体を見せ付けるのだが、いつものパターンとは異なり、狙った乙女・ハンナ(エマ・ストーン)はそんな彼になびくどころか“予想外”の反応を見せる。

次の「Stupid(愚か)」編では、そのタイトル通り、馬鹿げているようにも見える男同士の“自己改造計画”の模様を中心に展開。ジェイコブのキャルに対するスパルタな指導からは、“モテる”ことに賭ける男たちの真剣な思いが感じられるほか、そんな野心に燃える彼らを上回る(?)肉食系女子たちのホンネも存分に伝わってくる一篇となっている。

打って変わり最後の「Love(愛)」編は、本作で描かれる3つの“愛”の局面にフィーチャー。長年連れ添った40代夫婦の“複雑”な愛に、バーでの出会いから始まる“情熱的”な愛、さらには思春期真っ盛りの夫婦の10代息子の“無邪気”な恋愛と、本作には異なる世代の視点で楽しめる愛の物語が詰まっているのだ。少々クレイジーで馬鹿げているように見える男たちの純粋な想いと行動に、女性はきっと胸キュンするはず。

あなたは「Crazy」「Stupid」「Love」、どのバージョンがお好き? 『ラブ・アゲイン』は11月19日(土)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国にて公開。

※こちらの映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top