天海祐希インタビュー 女性が憧れる女性の「理想の女性」とは?

最新ニュース

『リアル・スティール』 天海祐希
  • 『リアル・スティール』 天海祐希
  • 『リアル・スティール』 天海祐希
  • 『リアル・スティール』 天海祐希
  • 『リアル・スティール』 天海祐希
  • 『リアル・スティール』 天海祐希
  • 『リアル・スティール』 天海祐希
「これから映画やお芝居をご覧になる方の可能性を狭めずに作品の魅力を伝えるにはどうしたらいいんだろうって、いつも悩むんですよね。私が発した言葉が正解になってしまったらとても残念なんです。だから、観た人それぞれに自由に感じてほしいから、どういうメッセージが込められていると思ったのかは秘密です(笑)…でも思わず泣いちゃいましたね」と、丁寧に慎重に言葉を選びながら日本語吹き替えを担当した映画『リアル・スティール』への愛を語る女優・天海祐希。言葉ひとつにも責任を持つその姿勢、観客への思いやり、それが彼女がトップであり続ける理由のようにも感じられる。天海さんは今回、スティーブン・スピルバーグが11年間温め続け、世に送り出したかった『リアル・スティール』で、ヒュー・ジャックマン演じる主人公・チャーリーを支える女性・ベイリーの声を演じている。

かつては自分の夢のために家族を捨て、いまは生き延びるためにプライドを忘れ、自暴自棄な生活を送るチャーリーの再起を見守るベイリー。彼女の優しさと強さは、そのまま天海さんのイメージにぴたりと重なる。
「完成した作品を観たとき、違う方の顔で自分の声というのはちょっと不思議な感覚でしたね(笑)。はじめは自分の声ばかりが気になっていたんですが、後半はそんなことはすっかり忘れて、作品の持つ力強さにどっぷり浸かっていました」と魅力を伝える。驚異のロボット格闘技の世界を舞台に、父と子の絆が描かれる本作は、一見ロボットや格闘技という印象が強く、女性がくいつきにくいジャンルと思われがち。天海さん自身も「この作品の吹き替えのお仕事をいただいたときに、私がこういう作品に?」と感じたそうだが、蓋をあけてみると「ロボット映画とか格闘技映画だと思って観に行くと、大やけどします! 思わず泣いてしまうだろうし、女性は特にグッと心をつかまれるシーンがたくさんあるんです。何よりもヒュー・ジャックマンさんが格好良くて(笑)」。声のテンションの高さが映画の面白さを物語っている。

ヒュー・ジャックマンの格好良さはもちろん、自分を取り戻すために立ち上がる主人公の姿は、老若男女問わず心に響くはずだと、いまの日本人に必要な映画ではないかと、熱い想いを語る。
「3月11日以降、とても心が傷ついた方がたくさんいて、(震災を乗り越えて)頑張らなくてはと思っている。でも、受けた傷はあまりに大きくて…。がんばれと言うのは簡単だけれど、がんばっている人にこれ以上がんばれとも言えない。だから、がんばれという言葉ではなく、こういう映画で励ますことができたらいいなと思ったんです。主人公のチャーリーは、ある出来事をきっかけに、自分の周りにいてくれた人たちが、どれだけ大事だったのか気づき、今いる自分と、今ある環境と、その中でどれだけがんばっていけるか──自分自身をふり返るんです。倒れても倒れても立ち上がる(旧式ロボットの)ATOMにも励まされましたね。しかも、ATOMは無表情なのに、観ている人にいろいろなことを伝えて、委ねているんです。究極のお芝居だなって思いました。ATOM自身は相手が言っていることも分からない、感じる気持ちもないのかもしれないけれど、周囲の気持ちをすべて知りながら戦っているような感じがして…。廃材になっていた何世代も前の、打たれるために作られた小さなロボットが、とてつもないお金をかけた最新の装備のロボットに立ち向かっていく、それだけも応援しちゃいますよね」。チャーリーやATOMを応援することで、自分自身もがんばりたくなる。そんな不思議な力が『リアル・スティール』には備わっている。

チャーリー、彼の息子のマックス(ダコタ・ゴヨ)、ロボットのATOM…それぞれのキャラクターに共感すること必至だが、特に女性はベイリーに自分自身を重ね合わせてしまうのではないだろうか。天海さんもベイリー役のエヴァンジェリン・リリーの芝居に心打たれたという。
「ベイリーはずっとチャーリーのことを見てきている女性。ボクシングジムのオーナーだった彼女の父親と一緒に頑張っているときのチャーリー、運命に流されていた彼がもう一度自分を取り戻そうとしている、運命を自分の手で引き戻そうとしている、その瞬間を見ているベイリーはとても無邪気なんです。きっと、お父さんと練習しているチャーリーに向かってもそうだったのかなぁって。無防備で目の前のことをただ応援している、そんなベイリーを見ているだけで胸が熱くなりました」。また、ベイリーがチャーリーを支えたくなるのは、いまは自堕落でも「元々ボクシングで頑張っている、すべてをかけて頑張っている男性だから」とチャーリーの魅力あってこそだと言葉を添える。「頑張りの経験がない人はあそこまで支えませんよね。いい加減にしなさいよって思っちゃう(笑)。けれどチャーリーは本来はそうじゃない。ベイリーの父親が大切に育てた選手で、父の教えを全身に浴びてお父さんと一緒に頑張った、彼女にとってみたら父の忘れ形見のような存在。父を彷彿させる人物でもあるんですよね」。

美しく、強い意志があり、愛する人を支えられるベイリーは、女性が憧れる理想の女性と言えるだろう。そして「天海さんにとっての理想の女性は?」という問いに用意されていたのは「母親」の二文字。「好きなところも嫌いなところも含めて、自分の母親が理想の女性ですね」。そう言える天海さんも多くの女性の憧れの的であり、彼女の言葉のなかにもたくさんの気づきが詰まっていた。
「母親は一番身近な女性で、付き合ってきた時間も長いですからね。私の母はとても厳しかったので、子供の頃はよく怒られましたし、怒られて反発することもありました。自分が年を重ねてみて思うのは、当時は家族のこと、仕事のこと、子育てのこと、おばあちゃんもいましたから…いろいろ大変だったんだなぁ、そりゃイライラもするよなぁって(笑)。でもね、そんな苦労を経てきた今の母はとてもいい顔をしているんですよ。人生を楽しんでいる。だから自分もそんな顔になりたいなって思うんです。女優として憧れるのは、池内淳子さんや加賀まりこさん。彼女たちの粋な感じ、小股の切れ上がった感じが素敵で大好き。お芝居もとても上手なので。そういう素敵な女性たちから得た教えを自分の中で消化して、私自身も何か伝えられたらいい、そう思うんです」。

「映画を観る人の感動の幅を狭めたくない」という細やかな優しさのある女性だからこそ、彼女の言葉なら、彼女が薦めるなら…と信じたくなる。そんな天海さんが「とにかく女性に観ていただきたいです。ヒュー・ジャックマンさんの魅力80%、ダコタくんのかわいさ20%(笑)。この2人に引き寄せられた人はベイリーの素敵さにも気づいて、そしてATOMのファンになる!」と太鼓判を押す『リアル・スティール』。誰かに薦めたくなる映画に感動がないわけがない。



・ドレス(エルマンノ シェルヴィーノ)
株式会社サン・フレール
TEL:03-3265-0251

・パンプス(アキラオーサキエレガンス)
株式会社 ブティックオーサキ インターナショナル
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5−39−3
TEL:03-3486-8681
《》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top