陣内孝則、16年ぶり主演映画で“トレンディ俳優”脱却?

最新ニュース

『種まく旅人〜みのりの茶〜』舞台挨拶@完成披露試写会
  • 『種まく旅人〜みのりの茶〜』舞台挨拶@完成披露試写会
  • 『種まく旅人〜みのりの茶〜』舞台挨拶@完成披露試写会
  • 『種まく旅人〜みのりの茶〜』舞台挨拶@完成披露試写会
  • 『種まく旅人〜みのりの茶〜』舞台挨拶@完成披露試写会
  • 『種まく旅人〜みのりの茶〜』舞台挨拶@完成披露試写会
  • 『種まく旅人〜みのりの茶〜』舞台挨拶@完成披露試写会
  • 『種まく旅人〜みのりの茶〜』舞台挨拶@完成披露試写会
お茶作りのドラマを通じて日本の懐かしい風景を描き出す映画『種まく旅人〜みのりの茶〜』の完成披露試写会が2月29日(水)に都内で開催され、陣内孝則、田中麗奈、吉沢悠、柄本明、塩屋俊監督に主題歌を担当した中村中が舞台挨拶を行なった。

農林水産省の官僚という身分を隠して全国各地の農家を巡る金次郎(陣内さん)、東京でのデザイナーの仕事に区切りをつけ、祖父の暮らす大分県・臼杵市を訪れたみのり(田中さん)らが手間ひまをかけて無農薬のお茶を作り出す姿を描く。

本作のためにキャスト陣は実際に農作業に従事したが、田中さんは「お茶を飲むまでの過程に時間と労力がかかっており、自然の力を借りて出来ているんだということを実感した」と述懐。陣内さんも「現場に入るまでにお茶博士になってましたね」と笑顔でふり返った。

陣内さんにとって映画主演は16年ぶりとなるが「16年間、食うや食わずで苦しかったですが(笑)、やってて良かったです!」と感慨深げ。今回の役柄について「僕はトレンディ俳優ですから、農業ということでどうなんだろう? と思いましたが、農林水産省とは馬券という形でずっと関わってきましたから。府中の競馬場の一角は僕の献金でできているようなものなので、元を取ってやろうと思いました」とユーモアたっぷりに語った。

柄本さんは「陣内さんが喋りすぎるから時間がなくなる」と苦笑い。さらに、茶農家という今回の役柄について「僕は本当はシティボーイで東京生まれ、東京育ちなのに…」と監督を一瞥し客席の笑いを誘っていた。

吉沢さんは、地元出身の監督から大分弁のレクチャーを受けて本作に臨んでおり「大分の大自然のロケーションが見どころです」と映画をアピールした。

この日は中村さんも駆けつけ、主題歌の「ずっと君を見ている」を披露。「努力が必ず実るということを教えてくれる映画です」と映画の魅力を語りかけた。

『種まく旅人〜みのりの茶〜』は3月3日(土)より大分・福岡にて先行公開、3月17日(土)より有楽町スバル座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top