『闇金ウシジマくん』主題歌が「Superfly」の新曲に! 「前へ進まなければ」とエール

最新ニュース

『闇金ウシジマくん』主題歌決定リリース
  • 『闇金ウシジマくん』主題歌決定リリース
2010年秋、真鍋昌平による累計500万部の同名ベストセラーコミックを山田孝之主演でドラマ化し、その過激な描写が話題を呼んだ「闇金ウシジマくん」の同名劇場版がこの夏、公開となる。その主題歌を人気アーティスト「Superfly」が担当することがこのたび明らかとなった。

“闇金”を題材に、追い込まれていく債務者たちの恐怖を通して現代に潜む闇をえぐり出していく本作。劇場版では、うんざりする日常に飽いて安易なバイトに手を染めるフリーター・未來と、一大イベントを成功させるために闇金に手を出してしまうイベントサークルの代表・小川純、2人の若者の金と欲望を巡り、転落の人生ゲームが幕を開ける。債務者を次々と奈落の底に叩き落としながら金の恐ろしさ、人生の真実を思い知らせる最強の闇金・丑嶋(ウシジマ)馨をドラマ版より続投するのは、山田孝之。また、出会いカフェにハマるフリーターの未來を「AKB48」の大島優子、野心に燃えるイベントサークルの代表・小川純を林遣都が演じる。

本作の主題歌に決定したのは、8月15日(水)にリリースとなるSuperflyの新曲「The Bird Without Wings」。同曲で彼女が歌うテーマは「不安に立ち向かう」。川を目の前に立ちすくみ、周囲と自分を比べてしまう鳥を“自分”に置き換え、自分にしか見えない景色を見つめ、与えられた姿、不完全な自分をも認め、状況を受け入れてこそ持てる強さと決意をもって一歩進もう(川を泳いでいこう)という静かな強さのあるメッセージが込められている。「みんなハンディキャップを抱えながら、不安を抱きながら日々を過ごしている。それでも前へ進まなければいけない。そんな心の葛藤と決意を描きました」と曲に込めた思いを語るSuperfly。また、同曲を聴いた監督・山口雅俊からは、「大島優子さんたちが演じる普通にどこにでもいる無力な若者たちがウシジマくんに象徴される人生の困難と格闘する映画です。この曲の主題もそこにあり、映画に大きい力を与えてくれた。この曲を産み出した全ての人にありがとうと言いたいです」と喜びのコメントが寄せられた。

どこにでもいそうな人たちのどこにでもある欲望の結末と救いようのない社会の闇、そして微かだが確かにある希望の光を描いた『闇金ウシジマくん』は、まさに欲望や自身の弱さに呑み込まれずに自分らしい一歩を踏み出せるか、ということを訴えかける一作。しなやかでパワフルな歌声で奏でられるSuperflyの主題歌は、どのようにこの世界を彩ってくれるのか?

『闇金ウシジマくん』は8月25日(土)より新宿バルト9ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top