『リンカーン/秘密の書』主題歌が「リンキン・パーク」に決定 最新PVも到着!

最新ニュース

『リンカーン/秘密の書』 -(C) 2011 Twentieth Century Fox
  • 『リンカーン/秘密の書』 -(C) 2011 Twentieth Century Fox
大ヒットを記録している『ダーク・シャドウ』を始め、独特の世界観で映画ファンを魅了し続けるティム・バートン監督が製作を務めた『リンカーン/秘密の書』のエンディング曲を「リンキン・パーク」が手がけることが決定! その注目の楽曲とは、日本で世界最速リリースとなる彼らの5作目アルバム「リヴィング・シングス」に収録される「パワーレス」。これに合わせて、このほど同曲のミュージック・トレーラーも解禁となった。

第16代アメリカ合衆国大統領、エイブラハム・リンカーン。誰もが知る偉大な功績の裏には、隠された秘密があった。昼は国民を導く大統領、夜はハンター。本作では、友人や恋人、そして人生までも犠牲にしながら、人民のためにヴァンパイアとの壮絶な戦いを繰り広げた正義の男の物語を描く。『ウォンテッド』のティムール・ベクマンベトフ監督が、バートンとのタッグで挑んだ3Dアクション・エンタテインメント。

今回、エンディング曲に抜擢されたリンキン・パークは洋楽ロック界では言わずと知れた売れっ子アーティスト。先日、6月27日(水)にリリースされるニューアルバム「リヴィング・シングス」のPRのために来日を果たし、「ミュージック・ステーション」への出演、翌日には「VMAジャパン2012」で圧巻のライヴパフォーマンスを見せ、日本を熱狂させた。ベクマンベトフ監督が製作を手がけたこのミュージック・トレーラーでも、迫力のパフォーマンスは健在。そのうえ彼らの楽曲に合わせ、主人公・リンカーンを演じるベンジャミン・ウォーカーやドミニク・クーパーが、ダンスを踊るかのようにヴァンパイアたちとの壮絶な死闘を繰り広げるシーンは必見!

これまでも『トランスフォーマー』シリーズを通して楽曲提供を行うなど、映画とのコラボレーションはお手のもの(?)のリンキン・パークだが、実は、そのグループ名には本作のタイトルと深い繋がりが。かつて定期的に車で通りかかっていたサンタモニカの公園の名前に因み、彼らはグループ名を「LINCOLN PARK(リンカーン・パーク)」と命名しようとしたのだが、インターネットのドメイン名が抑えられていたことなどが原因で、結局、現在の「LINKIN PARK(リンキン・パーク)」に落ち着いたそう。そんな奇妙な縁から、今回のコラボの実現に繋がったようだ。『リンカーン/秘密の書』、そしてリンキン・パークの楽曲両方が楽しめるこちらの映像は、映画ファンも音楽ファンもぜひチェックしてほしいところ。

『リンカーン/秘密の書』は11月1日(木)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて3D/2D同時公開。

※こちらの映像はMOVIE GALLERYにてご覧いただけます。

MOVIE GALLERY
http://www.cinemacafe.net/moviegallery
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top