デキる女風、甘辛MIX、大人カジュアル…参考にしたいセレブのレザージャケット術

最新ニュース

サラ・ジェシカ・パーカーとアレクサ・チャン -(C) Startraks/AFLO -(C) BIG PICTURES/AFLO
  • サラ・ジェシカ・パーカーとアレクサ・チャン -(C) Startraks/AFLO -(C) BIG PICTURES/AFLO
日中は気温30度超えの暑さがいまだ残るものの夜になるとスズムシなどの鳴き声も聞こえ、僅かに秋の始まりを予感させる風が吹き始めるこの季節。まだまだ暑いとは言っても、ファッションラバーな女性たちの意識は既に秋へと向かっているはず。そこで今回は秋冬のファッションに欠かせないレザージャケットを上手に着こなしているセレブたちのファッションをチェック!

全身ブラックで統一してモードに:ケイト・ブランシェット

ハードな印象になりがちなレザージャケットだけれど、形を選べば女性らしくも着こなせる。そんな着こなしに成功している代表格がケイト・ブランシェット。あえてノーカラーのレザージャケットを選び、タイトめのブラックワンピースにピンヒールというモードな出で立ちの彼女だが、シックで女性らしい装いにレザージャケットをピリリと効かせているあたりは上級クラス。ジャケットを脱げばオフィスにもすっとなじむそのスタイルは、“デキる女”通勤スタイルとして真似したいところ。

デートにぴったり!:アレクサ・チャン

少しタイプを変えて、上手な甘辛ミックスコーデのお手本にしたいのはアレクサ・チャン! 元々米MTVのプレゼンテーターであった彼女だが、その類稀なるファッションセンスでたちまち時代のファッションアイコンに。多くの有名ファッション誌でスナップの常連ともなっているので、その名を一度は見たことがあるという人も多いはず。黒のタートルネックに花柄のスカートという少しレトロなコーディネートにレザージャケットをラフに羽織った彼女は、足元はフラットシューズで決め、バイカーのような形のジャケットなのにハードな印象になりすぎていない。デートシーンでレザーを着るときはアレクサのようにほかをとことんガーリーなアイテムでまとめるのが賢いかも。

一枚上の大人カジュアル:サラ・ジェシカ・パーカー

最後にご紹介するのは、カジュアル&ラフに着こなしたサラ・ジェシカ・パーカー。休日スタイルといった感じだろうか、デニムを折り返し、「コンバース」のスニーカーにパーカー、その上にレザージャケットをプラスという少々スポーティなスタイルをお手本にしたところ。一見「ラフすぎるのでは!?」と思うスタイルなのに、女性らしさを感じさせる秘密は、絶妙なサイジング感にあり! 先述の2人に比べて、サラがチョイスしたレザーの丈は短めで下からパーカーがはみ出してしまうほど。しかし、折り返したデニムも含め、このバランスこそが“大人カジュアル”な仕上がりの鍵と言えそうだ。

全く異なる雰囲気でレザージャケットを着こなす3人のおしゃれ名人たち。サイジングやコーディネートのポイントはやはり、ハードになりすぎないように“女性らしさ”を残すことのようだ。気候的に重ね着など、いろいろなオシャレに挑戦できるこれからの季節。TPOに合わせて、様々なレザージャケットの着こなしをぜひ楽しんでみて!

© Startraks/AFLO
© BIG PICTURES/AFLO
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top