リーアム・ニーソン、乳がん月間のチャリティで還暦の水着姿を披露

最新ニュース

『Taken 2』(原題)でN.Y.での取材に応じるリーアム・ニーソン -(C) Abaca USA/AFLO
  • 『Taken 2』(原題)でN.Y.での取材に応じるリーアム・ニーソン -(C) Abaca USA/AFLO
アメリカの人気トーク番組「エレンの部屋」に1日(現地時間)、ゲスト出演したリーアム・ニーソンがチャリティの一環として水着姿を披露した。

10月は、乳がんの早期発見、早期治療を啓発するための「乳がん月間」として世界各地で“ピンクリボン”キャンペーンのイベントが行われるが、60歳のリアムは治療研究費の寄付を募るために、文字通り一肌脱いで見せた。

エレン・デジェネレスがホストを務める「エレンの部屋」は、写真共有サイト「Shutterfly」と共同でキャンペーンに協賛している。最新主演作で『96時間』の続編『Taken 2』(原題)の宣伝で同番組に出演したリーアムは、ピンクのガウンを羽織ってスタジオに登場。ストリップをすれば、エレンが2万ドル寄付するという話になり、ガウンを脱いでショッキングピンクの競泳水着という衝撃の姿で、水槽の中の椅子に腰かけた。

椅子に座って手を前で組むリアムを見るなり、エレンは「裸に見えるわよ! いまチャンネルを合わせた人は、あなたが裸でテレビに出てると思うわ」とコメント。客席から乳がんを克服した女性が呼ばれ、エレンと射的ゲームをして見事に命中させると、水槽の中のリーアムの頭上から水がかけられた。水浸しになりながら、リーアムは笑顔で客席に拍手を送っていた。

YouTube上の「EllenTV.com」にアップされたリアムの映像
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ibFpkUHvcYk



© Abaca USA/AFLO
《text:Yuki Tominaga》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top