“無敵の父親”リーアム・ニーソン、最後はLAで大暴れ!『96時間/レクイエム』

映画

『96時間/レクイエム』 -(C) 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
  • 『96時間/レクイエム』 -(C) 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
  • 『96時間/レクイエム』ポスター -(C) 2014 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved.
  • 『96時間』 (C)2014 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.All Rights Reserved.
  • 『96時間』 (C)2014 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC.All Rights Reserved.
  • 『96時間/リベンジ』  (C)2014 Twentieth Century Fox Home EntertainmentLLC. All Rights Reserved.
  • 『96時間/リベンジ』  (C)2014 Twentieth Century Fox Home EntertainmentLLC. All Rights Reserved.
シリーズ累計世界興収6億300万ドルを記録した、リーアム・ニーソン主演の大ヒットシリーズ『96時間』が、ついに完結! 最終章『96時間/レクイエム』が、1月9日(金)に日米同時公開となる。

『96時間』シリーズといえば、リーアム演じる“無敵の父親”ブライアン・ミルズが、愛する家族を守るために“特殊なスキル”を駆使して、悪党と闘う人気アクション。そして本シリーズの魅力のひとつが、彼が闘う舞台となる“バトル・フィールド”だ。

第1作目『96時間』の舞台は、フランスのパリ。愛する娘・キムが友人と旅行中に誘拐され、ブライアンは花の都・パリで大暴れした。本作のストーリーは、プロデューサー兼脚本のリュック・ベッソンが、“若い女性を誘拐して、パリ近郊の豪華な屋敷でオークションにかけている犯罪者がいる”という話を現地の警官から聞き、着想を得たという。「娘を助けるためなら、エッフェル塔でも壊してみせる」とリーアムが言い放つ名シーンは見どころだ。

また、第2作目『96時間/リベンジ』では、トルコのイスタンブールへ。世界遺産のブルー・モスクや、迷路のように入り組んだグランド・バザールをはじめ、ブライアンは街中を縦横無尽に駆け回り、クライマックスでは伝統的なトルコ式風呂でバトルを繰り広げた。「イスタンブールは、東洋と西洋が出会う美しい都市」と、リーアム自身もお気に入りのロケ地だったという。

そして最終章『96時間/レクイエム』のバトル・フィールドは、ブライアンのホームであるアメリカのロサンゼルス。これまで、旅先の観光都市で危険に巻き込まれてきたミルズ家だが、本作ではついに地元で悲劇が!

前作で娘と元妻を救い、家族の絆を取り戻したかに見えた元CIA捜査官ブライアン。だが、元妻レノーアとの未来を思い描いていた矢先、彼女は何者かに殺され、ブライアンに殺人容疑がかけられてしまう。CIA、FBI、警察から追われるうちに、“特殊スキル”を行使するブライアン。彼は真犯人を突き止め、独自の正義を下すため、そしていまや唯一の大切な存在になった娘キムを守るために闘う。しかし、そこには衝撃の真実が待ち受けていた――。

最新作では、ロサンゼルスの広大な道路やフリーウェイでシリーズ最大級のカーチェイスや、都会の摩天楼を縫うような追跡劇が繰り広げられるという。これまで、どんな危機的状況でも“特殊なスキル”で突破してきたブライアンが迎える、絶対的ピンチ。“無敵の父親”最後の闘いを、ぜひ劇場で目撃してみて。

『96時間/レクイエム』は2015年1月9日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国にて公開。『96時間』『96時間/リベンジ』DVDはそれぞれ発売中。
《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

今、あなたにオススメ
Recommended by

特集

page top